ワイン通販ならワインショップ カーヴ・ド・ラ・マドレーヌ
ワインスクール
アカデミー・デュ・ヴァンの
ワインショップ
店舗受取可
バローロ エリオ・アルターレ-Barolo

バローロ エリオ・アルターレ

Barolo

昔の伝統にのっとり色々な畑の葡萄をブレンド

ガーネットがかった綺麗なルビー色、はっとさせられるほど香り高く、ひきしまったタンニンがあるが全体的にはまろやか。伸びのある酸も感じられ長期の熟成に耐えうる偉大なワインです。

16,247円(税込)
生産者
エリオ・アルターレ
生産地
イタリア > ピエモンテ
ヴィンテージ
2019
タイプ
ワイン > 赤ワイン
品種
ネッビオーロ(100%)
アルコール度数
14.5%
商品詳細
ぶどう:ラ・モッラ、カスティリオーネ、セッラルンガの葡萄を使用する 醸造:他のバローロと同じく、水平式ステンレスタンクで4~5日のマセラシオン。 熟成:バリックで24ヶ月(30%新樽)
容量
750ml
商品番号
DR1119319

【土日祝日除く】ご指定がない場合、ご注文日から1~2営業日で発送します。
お届け日は、エリアにより出荷翌日から翌々日となります。

2万円以上or6本以上もしくは、スクール受け取りで送料無料(一部対象外)

商品情報

廃れていたランゲを復興させたバローロの革命児

当時は誰も導入していなかったグリーンハーヴェストや摘芯を導入したのがエリオでした。収量を一般的な造り手の半分以下まで落とすことで葡萄の質を高めていきます。葡萄を切り落とす行為は当時の他の造り手には受入れ難いものでした。さらに反対する父親の前で大樽をチェンソーで切り刻み、バリックを導入しました。エリオは清潔でなかった大樽を捨てたことが原因で父親とは死ぬまで仲直りできなかった。


農民としてのワイン造り

エリオの名刺には VITICOLTORE(農民)と記されています。1979年より除草剤や殺虫剤、化学肥料は使っていません。摘芯もカッターではなくハサミで。手で切ることで切り口が広がらず、病気の原因を最小化できるのです。発酵をスムーズに始める為に早めに収穫した葡萄の果皮に付着した自然酵母を培養し、各キュヴェの 発酵のスターターに使用している。酸化防止剤もビオロジックの規定より圧倒的に少量です。


4日間の超短期間マセラシオン

バローロの名門生産者「カヴァロット」の 30 日に対して彼等は4日間。強い抽出ではなく、果帽を常に浸けておくようにし、質の高いタンニンだけを取り出します。4日のマセラシオンでもアルコール発酵がスムーズに進めばアルコールが媒介となってアントシアニン等も早く安定する、とのことです。

各ワインについて

■アルボリーナ

標高 300m のすり鉢状。砂比率が高い「ラ・モッラ」 らしい畑。「アルボリーナ」の一番良い区画にはバルベーラが植えられている。これが「ラリージ」。


■チェレッタ・ヴィーニャ・ブリッコ

「セッラルンガ」のプルミエ・クリュとでも言うべき畑。 標高 390m。鉄やマンガンが多く骨格のしっかりしたワインだが、エリオらしいしなやかさがある。


■カンヌビ

『2010 年にカンヌビを取得。カンヌビ・カンヌビと言 われる中央部で最も良い区画』

実験的に機械除梗ではなく、人間の手作業で1粒1 粒除梗した「ウノペルウノ」が造られている。 機械では葡萄を痛めることや腐敗果が混入すること もあるが1粒も見逃さず、完璧な葡萄を使用すると いう日本人的発想から造られた。『ウノペルウノはテスの考案。腐敗果は1粒も混入しないが、機械と違い手作業は時間がかかるので酸化との戦いになる』


(インポーター資料より抜粋)

バローロ エリオ・アルターレ

Barolo

2019年 750ml 16,247円(税込)

この商品の関連商品

レビューを書く

こちらの商品のレビューを投稿すると、投稿時の販売価格の1%分のポイントをプレゼント!
※商品のレビューは、購入後のみ可能です。

この商品を買った人はこちらの商品も購入しています