翌々営業日までに出荷 /2万円 or 6本以上で送料無料

店舗受取可

ドラピエ カルト・ドール・ブリュット NV

Carte d'Or

NV年 750ml 4,180円(税込)
生産者
Drappier ドラピエ
生産地
フランス > シャンパーニュ
タイプ
ワイン > スパークリングワイン
品種
ピノ・ノワール(75%)
シャルドネ
ムニエ
商品番号
DF11410NV

【土日祝日除く】ご注文日から最短1-2営業日に発送します。
お届け日は、エリアにより出荷翌日から翌々日となります。

熟したリンゴのような芳醇な香り
黒ブドウならではのコクのある味わいが特徴の自然派シャンパーニュ

このシャンパーニュは、シャンパーニュ地方の南端コート・デ・バールの黒ブドウ、ピノ・ノワール主体で造られています。
その特徴は、熟したリンゴのような果実味とほんのり香るスパイスの風味が香りに現れること。そして、飲むとしっかりとしたコクと温かみを感じることのできるドラピエならではの味わいに仕上がっています。
ストレスのない瑞々しい質感は自然なブドウ造りにこだわっているからこそ。
醸造においても自然酵母を使用し2週間低温で発酵することで、果実のアロマを余すことなく引き出しています。さらに複雑味を与えるため5%のみ木樽で熟成し、ブドウ本来の魅力を最大限に表現。
よく熟した健全なブドウで丁寧に造られた彼らのワインは一般的なブリュット(辛口)のシャンパーニュよりやや少なめのドサージュ(糖分添加)を可能にし、絶妙なバランスの味わいを生み出しています。

商品情報

造り手の紹介---Drappierドラピエ----

~自然派ワインの造り手が愛飲するシャンパーニュ・メゾン~
自然派ワインの父「マルセル・ラピエール」や「フィリップ・パカレ」も愛飲し、シャンパーニュ界のカリスマ「ジャック・セロス」もグランメゾンで唯一飲むのは「ドラピエ」だそうです。

~ビオロジックへの優しい挑戦~
シャンパーニュの南端、コート・ド・バールの地で、 1808年よりシャンパーニュを造り始め、現当主ミッシェルで8代目。他の大手とは異なり、常に家族経営を続けているメゾン・シャンパーニュ。
ミッシェル氏は長女シャルリーンの誕生をきっかけに自然な畑作りとブドウ栽培を決断します。子供の将来を考えたなんとも優しい選択。 しかし、農薬を不使用にしたことによって病や害虫被害が増え、収穫量が30%も減少するなど、ビオロジックへの移行は簡単なものではありませんでした。彼らはゆっくりと畑の土壌改善を行い、1989年に所有する53haのすべての畑で完全無農薬を実践することについに成功。現在では畑のもつ個性をしっかりと表した強いブドウを収穫しています。

~ドサージュも徹底したこだわり!テロワールを表現するために追求を惜しまない~
シャンパーニュの多くはドサージュ(糖分添加)をする際にショ糖やテンサイ糖を混ぜたものを使用しています。ドラピエでは一般的なものは使わず、同品種のワインから造った自家製のリキュールを約25年熟成させたものを全てのキュヴェで使用。そうすることで、ワインにまろやかな舌触りを加え複雑味のある味わいを与えています。また、ドサージュの量もワインの味わいに大きな影響を与えると考えているため、ごく少量に添加を抑え、通常ブリュット(辛口)は12g/lまで許されているところ、カルト・ドールは6~7g/l。ドサージュの量が少ないと骨格のないさみしい味わいのワインになってしまう場合もありますが、彼らのブドウは少量での添加を可能にしています。これは徹底したビオロジック農法で自らの個性を表現できるようになった強いブドウを造るドラピエだからこそ。

~酸化防止剤(亜硫酸)を極力使わないナチュラルな味わい~
彼らは亜硫酸は少量であれば問題はないが香味を消す刺激物だと考えています。完全な温度管理のもと、野生酵母を使ってゆっくりと発酵、重力に逆らわないグラヴィティシステムを採用し、酸素を極力遮断。そのため、亜硫酸無しでもバクテリアに侵されることのないワインが造られます。
ワインのもつ純粋さを実現するために亜硫酸を少しずつ減らし、現在は100mg/lほど使われているところ35mg/lにまで削減。ドラピエらしい純粋でナチュラルな味わいのシャンパーニュを生産し続けています。

この商品を買った人はこちらの商品も購入しています