翌々営業日までに出荷 /2万円 or 6本以上で送料無料
   スクール受取りで送料無料 (一部対象外)

店舗受取可

エコー・ド・ランシュ・バージュ 2016

Echo de Lynch Bages

“2級の品質に相当する”という高い評価を受け、人気の高いシャトー・ランシュ・バージュのセカンドラベル。赤い果実の風味が魅惑的な、なめらかな味わい。

2016年 5,500円(税込)
生産者
シャトー・ランシュ・バージュ
生産地
フランス > ボルドー > ポイヤック
原産地呼称
AOC Pauillac
タイプ
ワイン > 赤ワイン
品種
カベルネ・ソーヴィニヨン(73%)
メルロ(23%)
アルコール度数
13%
商品詳細
フランス産のバリックで12ヶ月熟成。
商品番号
DF1217516

【土日祝日除く】ご注文日から最短1-2営業日に発送します。
お届け日は、エリアにより出荷翌日から翌々日となります。

商品情報

このシャトーがワインを造り始めたのは18世紀になってから。

1749年から1824年の間、アイルランド人でボルドー商人の息子のトーマス・リンチが所有し、当時は“クリュ・ド・ランシュ”という名で優れたワインが造られていました。

1855年には、パリ万国博覧会の際に行われたメドック格付けにより、5級シャトーに選ばれ、世界的に有名になります。


その後、1939年にジャン・シャルル・カーズ氏が購入し、以降カーズ家によってワインは管理されて、年々品質は向上していきます。

とくに孫のジャン・ミッシェル氏は、今日のシャトー・ランシュ・バージュとって非常に重要な人物。

1970年代、彼がシャトーを受け継いだ当初は困難な時代でしたが、“完全をめざす偉大なワイン”というスローガンの元、大改革を行い、“5級ながらも2級に匹敵する“と言われるまでの高品質なワインを造りあげました。

現在、彼の息子ジャン・シャルル・カーズ氏が、2006年からシャトーを引き継いでいます。


所有する畑は約90haほどあり、ランシュ・バージュを頂点としてその周囲に広がる、通称「バージュの丘」と呼ばれる場所に位置。「ランシュ・バージュ」という名前もこの土地とかつてのオーナーの名、リンチ(ランシュ)が由来と言われています。


シャトー・ランシュ・バージュのセカンドラベル。以前の名前は「シャトー・オー・バージュ・アヴルー」でしたが、2008年ヴィンテージからは名称が「エコー・ド・ランシュ・バージュ」に変更となりました。

この商品の関連商品

この商品を買った人はこちらの商品も購入しています