SAKE DIPLOMA二次試験対策:⑨論述試験対策

会場 青山
回数 全1回
定員 18~29 名
開講日 9/18 (日) から順次開講
催行決定日 9/11 (日)
講師 並里直哉 直井一成 おおくぼかずよ 山内祐治
コース J.S.A.SAKE DIPLOMA二次試験対策講座

講座概要


8月1日(月)13時からお申込み受付開始

※こちらの講座はお申込み確定後、講座変更、キャンセルはできません。確定前に必ずご確認ください。


J.S.A.SAKE DIPLOMA呼称資格認定試験の第二次試験に臨まれる方を対象とした講座です。本講座では、各テーマに沿ってテイスティングのポイントを日本酒講座担当講師が丁寧に解説いたします。


本番出題が想定されるテーマ毎の分析ができるようになることで、幅広い試験形式に対応できるテイスティング能力を身に着けましょう。


9. 論述試験対策

論述試験で問われるのは、一次試験で学習した内容です。

回答作成のポイントとテクニックを学び、制限時間内に回答するコツをお伝えします。

参加者へ資料「模範解答」をデジタルデータ(PDF形式)にて配布します。


▼日程から講座をお探しの方はこちらをご確認ください

【開催日順】2022 年度 J.S.A.SAKE DIPLOMA 二次試験対策講座一覧

【クラス順】2022 年度 J.S.A.SAKE DIPLOMA 二次試験対策講座一覧


▼その他の講座は下記よりお申込みいただけます

①日本酒テイスティングの基礎

②アルコール添加の見極め方を学ぶ

③香りの特徴を掴む

④酒母による違い

⑤焼酎、泡盛

⑥本番シミュレーション①

⑦本番シミュレーション②

⑧本番シミュレーション③

⑨論述試験対策




検索用コード: jsa_sake_essay‐type

担当講師;並里直哉、直井一成、おおくぼかずよ、山内祐治、徳田ゆこ

カリキュラム

第1回

論述試験対策

講座日程

期間:全1回修了
※回によって曜日・時間が異なるクラスがあります。詳しくは各クラスをクリックしご確認ください。
募集終了

9/18 (日) 開講クラス

日曜日 15:20~16:40  講師:並里直哉

  • 第1回
    2022/09/18 (日)  15:20~16:40
募集終了

9/20 (火) 開講クラス

火曜日 13:30~14:50  講師:直井一成

  • 第1回
    2022/09/20 (火)  13:30~14:50
募集終了

9/21 (水) 開講クラス

水曜日 20:20~21:40  講師:おおくぼかずよ

  • 第1回
    2022/09/21 (水)  20:20~21:40
募集終了

9/24 (土) 開講クラス

土曜日 13:30~14:50  講師:山内祐治

  • 第1回
    2022/09/24 (土)  13:30~14:50
募集終了

9/28 (水) 開講クラス

水曜日 11:00~12:20  講師:山内祐治

  • 第1回
    2022/09/28 (水)  11:00~12:20
募集終了

9/30 (金) 開講クラス

金曜日 13:30~14:50  講師:直井一成

  • 第1回
    2022/09/30 (金)  13:30~14:50
募集終了

10/1 (土) 開講クラス

土曜日 13:30~14:50  講師:おおくぼかずよ

  • 第1回
    2022/10/01 (土)  13:30~14:50
募集終了

10/4 (火) 開講クラス

火曜日 18:30~19:50  講師:おおくぼかずよ

  • 第1回
    2022/10/04 (火)  18:30~19:50
募集終了

10/9 (日) 開講クラス

日曜日 17:10~18:30  講師:おおくぼかずよ

  • 第1回
    2022/10/09 (日)  17:10~18:30
募集終了

10/14 (金) 開講クラス

金曜日 18:30~19:50  講師:並里直哉

  • 第1回
    2022/10/14 (金)  18:30~19:50
※こちらの講座は振替制度対象外講座となります。

講師紹介

国際唎酒師・酒匠・SSI研究室専属テイスター 日本醸造協会認定きき酒マイスター 酒類総合研究所認定 清酒専門評価者 J.S.A.認定SAKE DIPLOMA J.S.A.認定ソムリエ WSET WINE Advanced certificate 2019 Mr SAKE JAPAN コンテストグランプリ 第5回世界利酒師コンクール決勝ベスト4 ~並里クラスの3つの特徴~ 【1】 比較による理解  6年間の酒類総合卸会社勤務経験やワイン等の資格試験も経験しているため、ワイン・ビール等他の酒類から入る方が混乱しがちな部分も比較・整理しながらお伝えしています。 【2】客観的なテイスティング 「資格試験受験生のテイスティング能力向上訓練」についての論文レポートが認められ、日本酒講師として唯一、認定者150名程の業界最難関「清酒専門評価者」の認定も受けているため、テイスティング能力の向上についてもより明確にお伝えできます。 また、国内最大の日本酒教育機関「SSI」の研究室専属テイスターとして「SSI地酒検証研究会」に最年少で所属。「香味評価用語プロジェクト」サブリーダーとして協会で使用するテイスティングコメントの整理を行った経験から、より正確なテイスティングコメントの選び方をお伝えします。 【3】受講生間のコミュニケーション  公式アプリなどを通じて講師に対しての質問がいつでも可能なだけでなく、受講生同士の交流や情報交換も出来る様、ツールの活用や雰囲気作りも心がけています。 同じ環境で勉強する仲間で励まし合い、モチベーションをキープする事は非常に重要なことであり、スクールに通う大きなメリットであると思っています。 ~受講生の方へのメッセージ~  私の資格試験対策講座の到達目標は資格を取得するだけでなく、資格者として根拠をもって説明・コメント出来る様になることとしています。  そのため、講義では知識の暗記だけではなく、それらの理由まで丁寧に解説して行きます。 そうしてしっかりと理解をした知識は受験が終わってもすぐにはなくなりません。 また、同じ環境で一緒に勉強をした仲間も同様、受験期だけでなく受験後にも繋がる素晴らしい友人になることと思います。  私の講座を通じて、受講生の方々が日本酒についての確実な知識や日本酒を語れる仲間をつくって頂けたら、これほど嬉しいことはありません。  そのために、講師として出来る事を精一杯させて頂きたいと思います。

□ 受験対策講座 直井クラスの特徴 ■ オリジナル資料に自信あり  (直井クラス受講生にPDFデータでお渡し)  (見易くビジュアル化された独自資料)  (圧倒的なパワポ枚数:11回分 350枚以上) ■ 自分の資料と自分の言葉で授業は進めます  (授業内でJSA教本はほぼ使いません) ■ 地酒専門酒屋ならではの程よい脱線  (酒蔵話し、業界トレンド話しなど) ━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「売れるものは売らない、売りたいものを売る」を モットーに、日本酒、焼酎、日本ワインに特化した 地酒専門酒販店を東京都品川区で経営。 全国の蔵元と強い信頼関係を持ち、 造り手と飲み手を繋ぐ創り手として 「日本の酒」を語る伝道師。 日々の日本酒どっぷり度は アカデミーデュヴァン講師の中でも一・二を争う。 初心者講座、飲食店講座を 数多くこなした経験をベースに作り込まれた オリジナル資料に定評あり。 JSA SAKE DIPLOMA受験対策で 提供しているオリジナルパワーポイント資料は 350枚以上のボリュームを誇る。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━ J.S.A.認定 ソムリエ J.S.A.認定 SAKE DIPLOMA 地酒専門創り酒屋 かがた屋酒店(利田屋酒店)

SSI認定 日本酒学講師 SSI認定 唎酒師 SSI認定 国際唎酒師(International sake sommelier) JSA認定 SAKE DIPLOMA WSET® Level 3 Sake イベントの司会やナレーター、皇室式典アテンダントを経て、食の世界に入る。東京都内に本社を置く老舗寿司店にて海外イベントのコーディネートを担当し、日本文化や食に対する知識、見識を深める。現在は日本酒コーディネーターとして、有名レストランにおいてSAKEディナーのプロデュースや料飲専門各誌への寄稿、ツヴィーゼル社「ワイングラスで日本酒を愉しむ」のグラス選定および監修などもつとめ、ライフスタイルに合わせた新しい日本酒の提案を行っている。 授業は明るい雰囲気と明快な説明が特徴で、「学んだ知識を経験へ」をモットーにクラス会やイベントを積極的に行っている。受験対策講座では、それぞれの資格試験の傾向と対策を、自身の経験に基づいたオリジナルメソッドを用いて伝えることで常に高い合格率を誇っている。特に論理的でわかりやすいテイスティング方法に定評がある。 日本酒コーディネートオフィス「アクア・ディ・ルーチェ」 https://acquadiluce.grupo.jp/plofileJp

J.S.A. 認定ソムリエ、SAKE DIPLOMA ★第1回J.S.A. SAKE DIPLOMAコンクール優勝 現在J.S.A.機関誌Sommelierにて、SAKE DIPLOMAの連載開始 湯島天神下 すし初 四代目 。 飲食激戦区、湯島に大正からある江戸前鮨屋に産まれる。祖父に連れられ「ちいさな四代目」として3歳から築地の魚市場へ。 大学卒業後、築地、東銀座にて厳しくも情熱的な修業のち、四代目若旦那として店に戻り、さらなる修行の日々。 旬の食材と旬の日本酒との相性を総合して今日もお客様にご提供中。 日本酒の魅力とはそのものの味わいの甘美たることそのものにとどまらず、共に味わうお料理との相性にあるかと思います。簡単に言いますと、料理と合わせて本当に美味しい!ということです。 全国各地の料理とあわせられる様々な個性の日本酒が存在し、様々な器、飲み方そして、様々な供出温度が存在しているのではないかとすら思えます。皆さんも、初めて日本酒を美味しい!と思った瞬間、覚えていませんか? 私はその瞬間がいまだに忘れられません。 修行を終えて店に四代目として戻った時、ある日本酒との出会いが自分の職人人生まで変えてくれました。それくらい、僕にとって日本酒の美味しさというのは衝撃的だったのです。それ以降、寿司の修業の傍ら、日本酒に没頭いたしました。そこには本当に様々な個性を見せる綺羅星の如くな日本酒達との出会いがありました。 私の授業を受けていただくと、まずなによりですが日本酒に対する情熱の向上が見込めます。つまり、更に日本酒を好きになっていただけるのではないか、と思っています。更に、そこに論理性、客観性を付与することができます。それは、わたくしの授業がそういった部分を重要視して取り行うからに他なりません。つまり、感覚と言語の紐つけ、と言って良い部分です。 日本酒は、ワインよりも人の手の介在する部分が多く、そのため同じ地域でこしらえても地域差以上の個性に富んでいます。そのため、特にワインの勉強を続けてきた方々には各々の特徴が捉えづらくテイスティングに苦労する、というお話をお伺いすることがあります。 しかしながら酒造りで施される人の手、とは理(ことわり)であり、「ことわりをはかる」と書く「料理」のレシピの様なものと私は考えます。段階的、論理的にそして客観的に分析していけば、かえって日本酒の方が特徴を言語化しやすい部分も多くあると思います。私の授業では香りの情報や味わいの情報など、様々な情報を原因と結果に紐付くように指導していくことができると思っております。 そのため、授業中は、勿論誰かに当てると言う事は無いのですが、皆さんに考えていただくような瞬間のある授業を心がけたいと思います。さらに記憶の定着と言う部分を重視し、皆さんに効率よく資格取得していただけるように脳科学に則った効率的な学習方法、推薦図書についてもご提案できればと思っております。 皆様の試験の合格のお手伝い、さらにその先のめくるめく日本酒達との出逢いのお力添えが出来たら本当に嬉しいです!

費用

受講料
一般会員価格: 6,600円 (税込)
正規会員価格: 5,500円 (税込)
お支払い クレジットカード
  ※ はじめてお申し込みの場合は、登録料として5,500円(税込)を申し受けます。翌年以降は、年間更新料:2,200円(税込)となります。
公式SNSで最新情報配信中