資格取得ガイド

ソムリエ、
ワインエキスパート

社団法人日本ソムリエ協会(JSA)

ACADEMIE DU VIN

社団法人日本ソムリエ協会(JSA)が認定する「ソムリエ」、「ワインエキスパート」は、ワインに関する資格の中では国内で最も知名度があるものです。また、数ある飲食関係の資格の中で最も難しいものの一つでしょう。レストラン、ワインバー、酒販店などのスタッフが胸に付けているブドウのバッジはこの資格のものです。
※2016年度より「ワインアドバイザー」は「ソムリエ」に統合されました。詳しくは日本ソムリエ協会HPをご参照ください。

この資格はソムリエ、ワイン・エキスパートの3つに分かれていますが、これらに難易度の差は無く、試験問題もおおむね共通です。ただし、受験生の業務経験によって受けられる資格が決まっています。詳細な定義は日本ソムリエ協会HPをご参照ください。

資格対策講座 お申し込み受付中

WSET
資格試験

(Wine and Spirits Education Trust)

ACADEMIE DU VIN

WSETは英国で1950年に確立されたワインとスピリッツの教育機関で、世界標準のワイン資格試験を行っています。WSETのワイン教育は現在世界24カ国、16の言語で運営されており、一年に3万名の受験者を数える世界的に通用する唯一のワイン関連資格です。

アカデミー・デュ・ヴァンでは、WSETが行っている資格試験の中で初級(Level 2 Award in Wine and Spirits)、および中級(Level 3 Award in Wine and Spirits)の試験を学校内で行っています。ワイン総合コースStep-Ⅰの受講生の方は初級、Step-Ⅱの受講生の方は中級が推奨受験資格です。
初級は、4択の選択問題のみで日本ソムリエ協会の試験に比べるとかなり易しい試験です。中級は、4択の選択問題に加えて記述式の論述問題があります。試飲試験でもテイスティングコメントを記述式で答えなくてはならないので、日本ソムリエ協会の試験とは違う対策が必要な試験です。 

資格対策講座 お申し込み受付中

日本酒きき酒師、
焼酎アドバイザー

NPO法人 料飲専門家団体連合会(FBO)

ACADEMIE DU VIN

NPO法人 料飲専門家団体連合会(FBO)が認定する資格で、日本酒や焼酎のソムリエに相当します。日本酒と焼酎に関する資格の中では国内で最も知名度があるものです。

この資格はワインのソムリエと異なり、受験資格に業務経験は必要ありません。受験者は酒販店、飲食店関係の方が主体ですが、一般のアマチュアの方でも受験することができます。
アカデミー・デュ・ヴァンでは、この試験に合格するためのプログラムを1994年に開設し、多数の合格者を生み出してきました。現在、アカデミー・デュ・ヴァンの日本酒講座と焼酎講座は、FBOの認定講座となっていて、講座受講生の方は、受験前に必要な講習会の受講義務が免除されます。
試験の難易度はワインに比べるとやや易しいので、初心者の方でも日本酒講座または焼酎講座を受講されれば、それぞれの合格レベルに達することができます。

資格対策講座 お申し込み受付中

チーズ
プロフェッショナル

NPO法人
チーズプロフェッショナル協会

ACADEMIE DU VIN

NPO法人 チーズプロフェッショナル協会が認定する資格で、チーズに関する資格の中では国内で最も知名度があるものです。資格取得者はチーズ販売業や飲食業の他、チーズや料理教室の講師など様々な分野で活躍中です。

この資格は、受験資格に業務経験は必要ありませんが、受験前にチーズプロフェッショナル協会に入会が必要です。会員でないと受験ができません。
アカデミー・デュ・ヴァンでは、この試験に合格するためのプログラムを2002年に開設し、多数の合格者を生み出してきました。試験の難易度はやや高めなので、全くの初心者の方はチーズStep-1コースを受講された後、試験対策コースを受講された方が良いでしょう。

資格対策講座 お申し込み受付中
PAGE TOP