講師紹介

アカデミー・デュ・ヴァンの講師は総勢90名以上。
一流レストランのトップソムリエ、有名なワインショップの店主、著名なワインライターなど、
各界の第一線で活躍する専門家と専任講師からなる講師陣が当校のカリキュラムを支えています。
この多彩な布陣も、当校が誇る財産の一つです。

専門的な知識と経験を有する個性豊かな講師陣

アカデミー・デュ・ヴァン創立者・名誉校長 スティーヴン・スパリュア Steven Spurrier

アカデミー・デュ・ヴァンの創立者・名誉校長。1970年、29歳の若さでパリのシテ・ブリエ通りにワインショップ「カーヴ・ド・ラ・マドレーヌ Caves de la Madeleine」を開店。その後、1972年にはワインショップの隣に世界初のワイン愛好家向けスクール「アカデミー・デュ・ヴァン Académie du Vin」をオープンした。
1976年に主催したフランスワイン対カリフォルニアワインの比較試飲会、通称「パリ対決 Paris Tasting」は、20世紀後半のワイン界を震撼させ、歴史を変えたテイスティングとして伝説になっている。
2017年1月、WSET(Wine & Spirit Education Trust)の名誉学長に就任。2017年3月には、Decanter Man of the Year 2017に選出される。

世界のワイン最新事情

顧問 ジャンシス・ロビンソン MW Jancis Robinson MW

イギリス随一のワイン・ジャーナリストで、記事、著作、TVプログラムなどを通じ、世界中のワイン愛好家、プロフェッショナルに絶大な影響を及ぼしている。現代ワイン界最高の知性と評されることもしばしばあり、1984年にはマスター・オブ・ワインの照合をジャーナリストとして初めて獲得した。
2003年にはエリザベス2世より大英帝国勲章(OBE)を受勲し、イギリス王室のワインセラーへの助言も行っている。史上最強のワイン百科事典「オックスフォード・ワイン辞典(Oxford Companion to Wine)」の編纂(および執筆の一部)を担当し、ワインブックの決定版として知られる「地図で見る図鑑 世界のワイン The World Atlas of Wine」についても、第五版以降をヒュー・ジョンソンと共同で執筆する(その他、著作多数)。
現在は世界中を飛び回りながら、自身のウェブサイト jancisRobinson.com に毎日記事やテイスティング・ノートを発表、英国ファイナンシャル・タイムス誌ほか多数の媒体にも先鋭な論考を寄稿している。
2010年より、アカデミー・デュ・ヴァン顧問。

副校長 奥山 久美子 Kumiko Okuyama

JSA認定シニア・ソムリエ。WEST®アドヴァンスト・サーティフィケイト。シュヴァリエ・デュ・タストヴァン、タストフロマージュ、コマンドリー・ド・ボルドー。CPA認定チーズプロフェッショナル。
ヨーロッパ文化に造詣が深く、ワイン教室やセミナー等でワインを中心とした食文化の普及に努める。著書に「ワイン上手になろう」、「おしゃれにワイン学」、「ワインの基礎知識」、「シャンパンのシーン別楽しみ方」(朝日新聞出版)監修、「ブルゴーニュ、コート・ドールの26村」(ワイン王国)、「極上ワイン100本」(朝日新書)等がある。「ワインは、精神的にも肉体的にも栄養を与えてくれる素晴らしい飲み物」をモットーとし、ワインが、健康と美容に良いという事実も立証。

PAGE TOP