Step-Ⅱゆっくりクラス

会場 銀座
回数 全20回
定員 24 名
開講日 11/15 (金)
催行決定日 11/8 (金)
講師 安齋絵蘭 伊田明弘
コース ワイン総合コース(Step-Ⅱ)
振替カテゴリ Step-Ⅱ

講座概要

ワイン総合コースStep-Ⅱは、Step-Ⅰ修了者または同等の知識・試飲能力をお持ちの方を対象とした中級コースです。(J.S.A.のソムリエ、ワインエキスパート資格保持者の方にも強くお勧めしています)Step-Ⅱでは、「テロワールとティピシティ」――ワインの味わいには産地の個性が映し出されるというコンセプトに基づき、ワイン生産地にテーマを絞って世界中の銘醸を学び、Step-Ⅰよりさらにグレードの高いワインを全20回でテイスティング(合計約120種類)。修了時には、ブラインドで生産国・産地の判断ができるようになります。

◆ワインはなぜ、その土地の味がするのか?
ブドウ品種、気候、土壌、栽培・醸造法……ワインの香りや味わいを決める要素は数あります。気候や土壌といった畑をとりまく自然環境要因の総体を「テロワール」と呼び、そこに品種や栽培・醸造法の選択といった歴史的経緯をも含む「人」の要素を加えた、実体としてのワインの個性を「ティピシティ」と呼びます。Step-Ⅱにおいては、Step-Ⅰで身に着けた基礎の上に立って世界各国・各産地のワインのあらましを概観しながら、「なぜ、その土地のワインはそのような味になったのか?」を、テロワールとティピシティというふたつの観点から深く掘り下げていきます。

◆好奇心を満たす立体的なカリキュラム
幕開けの第1回ではテロワールとティピシティというキーの概念を学んだあと、次回以降広がっていくワインの大海の羅針盤となる、テイスティングの推論技術を総括的に学びます。第2回から第11回では、フランスを除く世界各国の産地を探求。ドイツ、イタリア、スペイン、北米、オセアニア、南アフリカ、南米、そして注目の産地となった日本について、七つの海を渡りながらテイスティングの旅へと繰り出します。第12回から第20回までは、いまだ人気ナンバーワンのワイン王国フランスをたっぷりと。クライマックスの第17回から第20回では、二大銘醸地であるブルゴーニュとボルドーを2回ずつ取り上げ、世界最高峰のワインを心ゆくまでご堪能いただきます。

【カリキュラム】
第1回:オリエンテーション ~テイスティングの推論~
第2回:ドイツ、オーストリア ~卓越した白ワインの帝国~
第3回:イタリアその1 北部 ~伝統を受け継ぐ銘醸ワイン~
第4回:イタリアその2 中南部 ~自由な気風が生むワールドクラスのワイン~
第5回:スペイン、ポルトガル ~イベリア半島のワイン革命~
第6回:カリフォルニア ~新たなるワインの黄金郷~
第7回:オレゴン、ワシントン、ニューヨーク、カナダ ~北米の注目産地~
第8回:オーストラリア ~オセアニアの雄~
第9回:ニュージーランド、南アフリカ ~南半球の急上昇株~
第10回:チリ、アルゼンチン ~巨大なポテンシャルをもつ南米大陸~
第11回:日本 ~ついに開花したメイド・イン・ジャパン~
第12回:シャンパーニュ ~最北の地で生まれる華麗な味わい~
第13回:ロワール渓谷 ~大河がはぐくむ豊かなワイン群~
第14回:アルザス ~フランスとドイツのはざまで~
第15回:ローヌ渓谷 ~異形の大地と太陽のワイン~
第16回:フランスその他の地方
第17回:ブルゴーニュその1 ~シャルドネのバラエティを探る~
第18回:ブルゴーニュその2 ~優美なピノ・ノワールに酔いしれる~
第19回:ボルドーその1 ~隠れた銘酒ボルドー・ブランの真髄~
第20回:ボルドーその2 ~永遠の命をもつ赤ワインの女王~

カリキュラム

第1回

オリエンテーション ~ テイスティングの推論 ~

第2回

ドイツ、オーストリア ~ 卓越した白ワインの帝国 ~

第3回

イタリアその1 北部 ~ 伝統を受け継ぐ銘醸ワイン ~

第4回

イタリアその2 中南部 ~ 自由な気風が生むワールドクラスのワイン ~

第5回

スペイン、ポルトガル ~ イベリア半島のワイン革命 ~

第6回

カリフォルニア ~ 新たなるワインの黄金郷 ~

第7回

オレゴン、ワシントン、ニューヨーク、カナダ ~ 北米の注目産地 ~

第8回

オーストラリア ~ オセアニアの雄 ~

第9回

ニュージーランド、南アフリカ ~ 南半球の急上昇株 ~

第10回

チリ、アルゼンチン ~ 巨大なポテンシャルをもつ南米大陸 ~

第11回

日本 ~ ついに開花したメイド・イン・ジャパン ~

第12回

シャンパーニュ ~ 最北の地で生まれる華麗な味わい ~

第13回

ロワール ~ 大河が育む豊かなワイン群 ~

第14回

アルザス ~ フランスとドイツのはざまで ~

第15回

ローヌ渓谷 ~ 異形の大地と太陽のワイン ~

第16回

フランスその他の地方

第17回

ブルゴーニュその1 ~ シャルドネのバラエティを探る ~

第18回

ブルゴーニュその2 ~ 優美なピノ・ノワールに酔いしれる ~

第19回

ボルドーその1 ~ 隠れた銘酒ボルドー・ブランの真髄 ~

第20回

ボルドーその2 ~ 永遠の寿命をもつ赤ワインの女王 ~

講座日程

期間:全20回修了
※回によって曜日・時間が異なるクラスがあります。詳しくは各クラスをクリックしご確認ください。

11/15 (金) 開講クラス

金曜日 19:00~21:00  講師:安齋絵蘭

募集終了
  • 第1回
    2019/11/15 (金)  19:00~21:00
  • 第2回
    2019/11/29 (金)  19:00~21:00
  • 第3回
    2019/12/13 (金)  19:00~21:00
  • 第4回
    2020/01/10 (金)  19:00~21:00
  • 第5回
    2020/01/24 (金)  19:00~21:00
  • 第6回
    2020/02/07 (金)  19:00~21:00
  • 第7回
    2020/02/21 (金)  19:00~21:00
  • 第8回
    2020/03/20 (金)  19:00~21:00
  • 第9回
    2020/03/27 (金)  19:00~21:00
  • 第10回
    2020/07/03 (金)  19:00~21:00
  • 第11回
    2020/07/17 (金)  19:00~21:00
  • 第12回
    2020/07/31 (金)  19:00~21:00
  • 第13回
    2020/08/21 (金)  19:00~21:00
  • 第14回
    2020/09/04 (金)  19:00~21:00
  • 第15回
    2020/09/18 (金)  19:00~21:00
  • 第16回
    2020/09/25 (金)  19:00~21:00
  • 第17回
    2020/10/09 (金)  19:00~21:00
  • 第18回
    2020/10/16 (金)  19:00~21:00
  • 第19回
    2020/10/30 (金)  19:00~21:00
  • 第20回
    2020/11/13 (金)  19:00~21:00
☆こちらの講座は振替制度対象講座です。ご都合の悪い回は別の講座(クラス)に振替出席が可能です。 振替制度について詳しくはこちら

講師紹介

J.S.A. 認定ソムリエ WSET® Level 3 WINES OF GREECE EDOAO Level3 / ギリシャワイン・エデュケーター 外資系航空会社に客室乗務員として入社。 ヨガインストラクターとしても活動する。 アカデミー・デュ・ヴァンに入社し、美味しいワインをもっと皆で共有したいと講師になる。 初めまして、アカデミー・デュ・ヴァン 講師の安齋絵蘭です。皆さんは「ワインを飲む」という言葉から、どんなシーンをイメージしますか? もしかしたら、 高級感の漂うレストランで「肩肘を張って飲む」光景が目に浮かぶかもしれませんね。ですが、実はそんなことはまったくありません。特にヨーロッパでは、ワインは日常の食事でデイリーのお酒としてカジュアルに楽しまれています。 私は元々美味しいものを食べるのが大好きで、「食とお酒」の組み合わせに興味があったので、独学でワインの世界に入りました。初めてワインの世界に足を踏み入れた際の「奥深さ」や「戸惑い」を今でも憶えています。 だからこそ、ワインスクールに通う皆さんには、ワインの世界をより身近に感じてもらえるようお伝えし、「もっとワインが好き」なってもらえるような授業を目指していきたいです。 ■自分で考えることを大事にする、参加型のクラス。 私のクラスで、まず大事にしていることは、ただ講義を聴くだけのスタイルではなく「自分で考える、参加型のクラス」を心がけています。せっかくスクールに通っているのですから、クラスの皆さんでお互いに学びあい、ワインを楽しめる居心地のよいクラスにしたいと思っています。 例えば、「酸が高いぶどうは、どこでとれると思いますか? 」と、質問してみたり、受講生の皆さん同士でディスカッション形式をとったりするようにしています。そうすることで、クラス全体でコミュニケーションの輪が広がり、授業が2倍も3倍も楽しめるようになります。 さらに、私のクラスでは、各国のワインの情報はもちろん、その国の観光地や名物料理や芸術まで、合わせてご紹介していきます。国際線乗務員として勤めていた時代に、世界を飛び回っていたからこそ分かる、その国の空気感までお伝えできればと思っています。 ■ロジカルに分析できるワインのテイスティングの基礎をお伝えし、さらにご自身の感性でワインを表現できるように。 私のクラスではテイスティングの基礎を、最初の1~3回の授業でロジカルに分析できるように徹底的にお伝えしていきます。その上で、ご自身の感性でワインを表現できるよう、トレーニングしていきます。 テイスティングというと、「全く的外れなことを言ってしまったらどうしよう…」と不安に思われている方もいると思いますが、ご自身で感じたことを恐れずに言葉にしていくのが、テイスティングの上達のためには大事です。恥ずかしがらずに、堂々とコメントできるクラスの雰囲気作りを大切にしていきたいです。 また、一度飲んだワインを覚えるためのコツもお伝えしていければと思います。普段でもご活用いただけるテイスティングノートの書き方をお伝えしたり、授業の始めには前回のテイスティングの振り返りしたりといった工夫をするようにしています。 ■ワインについて自信に溢れ、さまざまなシーンで学びを役立てるように。さらにワインをきっかけに、ライフスタイルの幅が広がります。 授業を受けた後には、ワインを選ぶ幅がぐっと広がり、もっとワインのことが好きになれます。今まで知らなかったワインを知ることができるのはもちろんのこと、「少し苦手かも…」と思っていたワインの良さを発見でき、さらに料理に合うワインを選ぶことができるようになります。 さらに、ワインについて自信に溢れる変化が訪れることでしょう。例えばご友人に「おすすめのワイン」を紹介できたり、レストランで料理に合うワインを選べるようになったり、ビジネスパーソンとして知識を役立てられます。また、海外旅行をした際に飲むワインでは、「ワインの作り手の思い」を感じ、よりワインを美味しく味わえることでしょう。 私のクラスを受講することで、少しでもワインが好きになってくれる人が増えるようお手伝いできればと思います。ぜひ私と一緒に、ワインを楽しんで学んでいただけると嬉しいです。尽きることのない”ワイン”を一緒に探求していきましょう!

J.S.A.認定シニアソムリエ EDOAO認定ギリシャワイン公認エデュケーター 日本中国茶協会認定 中国茶エキスパート ■経歴 留学先のカリフォルニアでワインに出会い、魅了される。帰国後はレストランに勤務し、独学でソムリエの資格を取得。その後、ワイン輸入卸売業に従事。バイヤー、ブランドマネージャー、営業などの仕事を通じ、ワイン生産者からワイン作りの哲学や信念を学ぶ。一方で、サントリーホールなどで演奏する音楽家「歌うソムリエ」として活動中。 ■まずは、ワインを「楽しむ」ことを大事に。 ワインスクールに通い始めるときに、「ワインをお勉強しなきゃ!」と意気込んでいる方は多いと思います。ですが、勉強する前にまずはお酒として楽しんで、飲んだときの「楽しさ」「幸せになる気持ち」を大事にして欲しいと思います。 ワイン総合コースStep-Ⅰの授業は、「ワインはなんぞや」といった基礎から学びはじめます。ここで「ワインは楽しい」という経験を得て欲しい。例えば、醸造学を学ぶときは「ワインは何からできていると思いますか?」「どうやったら美味しいワインにできるのかな?」と言った噛み砕いた質問をしながら、答えを考えていきます。そうすることで、基礎の授業であっても興味が持ちやすくなると思います。 また、ワインの勉強では用語や歴史を暗記しないといけないと思い浮かべている方がいらっしゃると思います。しかし、私の授業では「なぜ、美味しいワインになるのかな?」「なぜ、Aさんが作ったものと、Bさんが作ったものは違う味になるのかな?」「この人がこう思っているから・・・」と、ストーリーとしてワインを学んでいきます。それは私がアメリカの大学で、暗記のイメージが強く苦手だった歴史を、物語のように、ストーリーのように学び、その結果、歴史の授業がおもしろくなったからです!ワインも同じだと考えています。ワインの背景や裏側を学び、ストーリーとしてワインを知っていくことで、楽しく覚えることができ、自然と知識として身につくようになります。 私はよくワイナリーに行っていたので、「この写真ってどんな場面?」「この言葉ってどんな意味?」といったことにも、実際の動画、写真を使って生産者の生の声や情報をお伝えすることができます。ワイン界で常識と信じられているような話が、実際の現場では全然違うといった裏話やサイドストーリー、最新情報も積極的にお伝えしていくので、楽しんでもらえればと思っています! さらに、私の授業では、みなさんの質問に積極的にお答えてしていきます。ワインの勉強をしている間は、ワインのことを人に聞きづらいと思います。けれど、授業の質問から日常での疑問までどんどん聞いて欲しい!例えば、レストランでソムリエへのワインの頼み方。こんな質問をすると、ソムリエは好みに合ったワインを勧めてくれるといったことから、レストランで提供されたワインがブショネかもしれない、といったちょっと聞きづらいことまで。私が一方的に話すのではなく、みなさんとも積極的に対話したいと思っています。一つの正解に絞れないワイン、「対話」で盛り上がるクラスを目指していきます。時間があれば、グループディスカッションもしていきたいですね。 ■自分が感じたことを、積極的に伝えていけるように。 ワインのテイスティングに間違った答えはありません。よくありがちなのが、人前で話すときにここでカシスと言ったら、「ブラックベリーじゃない?」とつっこまれるのがいやで、人前で話すのを戸惑ってしまうこと。本当は、カシスでもブラックベリーでも感じ方の違いなだけで、どちらも間違っていないのです。ここではとにかく、いろんなことを言って、「あの人はこう感じるのか!」「でも、私はこう感じる」「何が共通点だろう?」と、ワインを理解していって欲しい。そうすることで、感じたことを発言することが楽しく感じるようになるのです。 とにかく他の人とシェアすることが大事。クラス全体、自分の感じたことを声に出していきましょう。私も、みなさんに感じたことを聞きますよ!ワインを通じてだと、知らない人とでも、すぐに打ち解けられます。それを教室に来て体験しましょうね! ■ワインを通じての感動を知って欲しい ワインを学ぶことによって、自分のワインの感動を他の人にシェアできるようになります。それも、言葉だけではなく、例えばFacebookを使ってだとか。自分が楽しいと思っていることを、まったく知らない人にはもちろん伝えられるし、知っている人とはすぐに友だちになれます。知識だけれど、知識としては片付かないワインを通じての感動をみなさんに知って欲しいです。 また、ソムリエの経験もあるので、ソムリエ資格の取得を目指している人には、合格のお手伝いができると思います。そして、インターナショナルな環境に長年いたので、海外で好みに合ったグラスワインを注文する方法といった英語での表現もお伝えできると思います。 クラス会はできるだけたくさん開催し、話して、試して、楽しんでほしいと思っています。英語でのクラス会をやってみたい!というのも大歓迎!とにかく仲良くなっていきましょう。私もそうだったように、ワインは人生を変えます。人生を楽しくします。知ることで、より好きになるし、楽しさを表現する方法が増えるのです。ワインの無限の世界をぜひ、クラスに来て学んでください!

費用

受講料
170,500円 (税込)
1回あたり8,525円(税込)×20回
お支払い クレジットカード
  ※ はじめてお申し込みの場合は、登録料として5,500円(税込)を申し受けます。翌年以降は、年間更新料:2,200円(税込)となります。
公式SNSで最新情報配信中