T086
募集終了 

特別セミナー

ブドウ樹を飲み解く――苗木・台木・クローン

会場 青山校
受講期間 全1回修了
登録料 新規 5,400税込
更新 2,160税込
受講料 8,640税込
お支払い方法 クレジットカード
振替制度 なし
催行決定日
2018年 01月 05日 (金)

振替制度とは?教育訓練給付制度とは?

クラスを選ぶ 日程のご確認や申込み手続きができます

クラス名
1月12日(金) 19:00~21:00 日向理元
募集終了

講座の説明

本セミナーの講師を務める日向は、本業の傍ら、ワインを究めるためにUC Davisのワイン造りコースを修め、日本においてカルトワインを造るべく日向エステート設立に動き出しました。しかし、待ち受けていたのはマスコミまでもが取り上げる日本の苗木不足問題で、良質のクローンを入手することは困難を極めました。
この難局を乗り切るためにDavisの講義内容をもとに苗木屋を巡り、最後は自分で苗木を造ることも試みた経験をもとに、講師が習得したワイン用ブドウの生態を体系的に解説することが本講座の主眼になります。それに合わせて自根と接ぎ木の比較試飲、クローン違いの比較試飲を通して、ブドウ樹がワインの味わいに与える影響も体感していただきます。
ヴィニフェラやアメリカ品種などのブドウ樹の種類と性質、種子および枝によるブドウの増殖方法、ブドウの品種改良方法、フィロキセラ禍進行の歴史、フィロキセラへの各種対応策、モンペリエ大学の功績とテレキの功績、台木の種類・特性・交雑、最先端のピアス病対策、苗木の造り方、台木と穂木(クローン)の特性、リーフロールやレッドブロッチなどのウィルス問題、日本における台木不足問題など多岐にわたるブドウ栽培に関わるトリビアにあふれた内容になっています。ワイン愛好家はもとより、ブドウ造りをはじめようとしている人の参加をお待ちしております。
ワインの購入・保管には万全を期しておりますが、流通量の少ないワインを使用しているため、劣化している場合でも代替ワインがないことは予めご了承ください。クラス会は予定しておりません。
PAGE TOP