吟醸酒の香り表現 吟醸酒特有の果実香の表現方法を学びます

会場 青山
回数 全1回
定員 12 名
開講日 6/27 (日)
催行決定日 6/20 (日)
講師 並里直哉
コース 日本酒コース

講座概要


日本酒は米から造られる酒類ですが、現代的な日本酒には果実の様な香りを持つものが多くあります。

吟醸香と呼ばれるこの香りを知ることは、日本酒を理解する大きな手掛かりになります。


なぜ米の酒から果実の香りがするのか?

吟醸香にはどのような種類があり、それらはどのような条件で生まれるのか?

日本酒初心者にも分かりやすく解説し、実際にそれらの香りを持つ日本酒の飲み比べをします。


特徴の分かりやすいお酒を経験することで、普段飲む日本酒の香りについても理解し、表現が出来るようになります。


「なんとなく、フルーティですね?」というコメントから「リンゴやバナナを想わせるフルーティな香りがありますね」という様に、より具体的にコメントが出来るようになる事を、この講座のゴールとしています。


今後の日本酒を飲む時間がより楽しくなること間違いなしです!

カリキュラム

第1回

吟醸酒の香り表現 

講座日程

期間:全1回 全1回修了
※回によって曜日・時間が異なるクラスがあります。詳しくは各クラスをクリックしご確認ください。
募集中

6/27 (日) 開講クラス

日曜日 15:00~17:00  講師:並里直哉

  • 第1回
    2021/06/27 (日)  15:00~17:00
※こちらの講座は振替制度対象外講座となります。

講師紹介

国際唎酒師・酒匠・SSI研究室専属テイスター 日本醸造協会認定きき酒マイスター 酒類総合研究所認定 清酒専門評価者 J.S.A.認定SAKE DIPLOMA J.S.A.認定ソムリエ WSET WINE Advanced certificate 2019 Mr SAKE JAPAN コンテストグランプリ 第5回世界利酒師コンクール決勝ベスト4 ~並里クラスの3つの特徴~ 【1】 比較による理解  6年間の酒類総合卸会社勤務経験やワイン等の資格試験も経験しているため、ワイン・ビール等他の酒類から入る方が混乱しがちな部分も比較・整理しながらお伝えしています。 【2】客観的なテイスティング 「資格試験受験生のテイスティング能力向上訓練」についての論文レポートが認められ、日本酒講師として唯一、認定者150名程の業界最難関「清酒専門評価者」の認定も受けているため、テイスティング能力の向上についてもより明確にお伝えできます。 また、国内最大の日本酒教育機関「SSI」の研究室専属テイスターとして「SSI地酒検証研究会」に最年少で所属。「香味評価用語プロジェクト」サブリーダーとして協会で使用するテイスティングコメントの整理を行った経験から、より正確なテイスティングコメントの選び方をお伝えします。 【3】受講生間のコミュニケーション  公式アプリなどを通じて講師に対しての質問がいつでも可能なだけでなく、受講生同士の交流や情報交換も出来る様、ツールの活用や雰囲気作りも心がけています。 同じ環境で勉強する仲間で励まし合い、モチベーションをキープする事は非常に重要なことであり、スクールに通う大きなメリットであると思っています。 ~受講生の方へのメッセージ~  私の資格試験対策講座の到達目標は資格を取得するだけでなく、資格者として根拠をもって説明・コメント出来る様になることとしています。  そのため、講義では知識の暗記だけではなく、それらの理由まで丁寧に解説して行きます。 そうしてしっかりと理解をした知識は受験が終わってもすぐにはなくなりません。 また、同じ環境で一緒に勉強をした仲間も同様、受験期だけでなく受験後にも繋がる素晴らしい友人になることと思います。  私の講座を通じて、受講生の方々が日本酒についての確実な知識や日本酒を語れる仲間をつくって頂けたら、これほど嬉しいことはありません。  そのために、講師として出来る事を精一杯させて頂きたいと思います。

費用

受講料
7,700円 (税込)
お支払い クレジットカード、銀行振込
  ※ はじめてお申し込みの場合は、登録料として5,500円(税込)を申し受けます。翌年以降は、年間更新料:2,200円(税込)となります。
公式SNSで最新情報配信中