ギリシャワインの魅力を探る Level 2 世界が注目するギリシャ2大品種の魅力に迫る

会場 青山
回数 全2回
定員 14 名
開講日 12/1 (日)
催行決定日 11/24 (日)
講師 青山敦子
コース 研究科コース
振替カテゴリ カテゴリーE

講座概要

今、最高に面白い産地、ギリシャ!
そのギリシャを代表する黒ブドウといえば、クシノマヴロ。白ブドウといえば、アシルティコ。
このギリシャを代表する2大品種の魅力を存分に楽しめる品種に特化した講座です。
ギリシャワイン・オフィシャル・アンバサダーである講師が2018年、2019年にもギリシャを訪れ、ギリシャワインの魅力と現地生情報をお伝えします。
クシノマヴロはギリシャ最北端のマケドニアの代表品種。この気難しい品種は気候やどのように造られたかによって大きく個性を変化させ、非常に表現力豊か。「骨格のしっかりした赤ワインでしょ」と思っている方!それだけではありません。第1回では、この品種を代表する産地、マケドニア・ナウサのクシノマヴロ、その他の地域のクシノマヴロ、そして、その味わいが似ているとも言われるネッビオーロと飲み比べることによって、クシノマヴロの真の魅力に迫りましょう。
アシルティコはエーゲ海に浮かぶサントリーニの代表品種。特異な個性をもつアシルティコは、今やニューヨークやロンドンのソムリエがこぞってワインリストに掲げるHOTな品種。また、多くのギリシャの生産者にも好まれ、サントリーニのみならず、ギリシャ各地で栽培されています。第2回では、サントリーニの様々なスタイルのアシルティコ、サントリーニ以外のギリシャのアシルティコ、そして、非常にレアなオーストラリアで造られたアシルティコと飲み比べて、アシルティコの魅力を探求しましょう。
ギリシャを代表するこの2大品種の個性をマスター。これらを知ることによってギリシャワインの魅力の奥深さを知ることになるでしょう。
瓶内二次発酵のスパークリングワイン、そして、Vinsantoもテイストいただけます!お楽しみに!
(ギリシャワインの魅力を探る Level 1 単発講座の後のご受講はオススメです)

カリキュラム

第1回

クシノマヴロの魅力に迫る

第2回

アシルティコの魅力に迫る

講座日程

期間:全2回 全2回終了

12/1 (日) 開講クラス

日曜日 14:30~16:30  講師:青山敦子

満席/キャンセル待ち
  • 第1回
    2019/12/01 (日)  14:30~16:30
  • 第2回
    2020/01/19 (日)  14:30~16:30
☆もし、急にご都合が悪くなり、ご出席いただけない場合でも、A~Hの振替カテゴリの講座に振替もできるので、忙しい方でも安心してお通いいただけます。 振替制度について詳しくはこちら

講師紹介

【WSET資格取得コース主任講師】 WSET®Level 4 Diploma WSET®Certified Educator (Level1,2&3 公式認定講師) J.S.A.認定ワインエキスパート ギリシャワイン認定講師(EDOAO) ギリシャワイン・オフィシャル・アンバサダー 2018年 Wines of Greece World of Greek Wine Program 最優秀賞 JWCジャパン・ワイン・チャレンジ 審査員 SAKURA JAPAN WOMEN’S WINE AWARDS 審査員 WSETの本拠地ロンドンに約8年在住。スティーヴン・スパリュア氏の紹介により、アカデミー・デュ・ヴァンで講師を務めることになる。 難関WSET ディプロマコースをロンドン本校で学び最速最短の1年半で取得。世界のワインのテイスティング試験(Unit3)ではトップレベルの成績を収める。 2014年にディプロマ取得後、2016年9月までWSETにてLevel 3筆記・テイスティング試験採点官を務める。ロンドン本校にて認定講師として認められた唯一の日本人。 ロンドン在住時は、ジャンシス・ロビンソンMWやティム・アトキンMW等のマスタークラス、デカンター主催等のテイスティング会に定期的に出席。 ボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュ、ローヌ、トスカーナ、ピエモンテ、モーゼル、ギリシャなどのヨーロッパの産地、そして、カルフォルニアや南アフリカなどニューワールドの産地を訪問。自分の目で産地を見て、生産者から直接話を聞くことを大切にしている。

費用

受講料
26,950円 (税込)
13,475円/回(税込)×2回
お支払い クレジットカード、銀行振込
  ※ はじめてお申し込みの場合は、登録料として5,500円(税込)を申し受けます。翌年以降は、年間更新料:2,200円(税込)となります。
公式SNSで最新情報配信中