ワイン総合コース Step-Ⅰ

ビギナーが半年でワイン通に!本格的テイスティングと深い知識が身に付く本物の「第一歩」

Step-Ⅰは、アカデミー・デュ・ヴァンが30年の歴史の中で洗練を重ねてきた、最も人気の高いコースです。まったくの初心者の方でも安心してワインを初歩から学ぶことができ、1回2時間×20レッスンのカリキュラム修了時には、どなたでも立派なワイン通になれます。本格的なテイスティング・テクニックと深い知識の習得を通じ、ワインの悦びが一気に大きく広がる講座、それがStep-Ⅰです。

アカデミー・デュ・ヴァンでしか体験できない「学び」の悦び

今日、ワインに触れる機会は数多くあります。レストランでのワイン会、気軽な家飲み、SNSを通した情報交換などなど……。しかし、ワインがもつ限りない悦びの深奥を覗いてみたいのなら、あるいは人生のパートナーと呼べるほどの趣味を手に入れたいのなら、ぜひStep-Ⅰから「学び」をはじめてください。気軽なワインとの「お付き合い」では決して手に入れることができない、深い満足と充実感を手にすることができるでしょう。このことは、Step-ⅠからStep-Ⅱ、Ⅲ、研究科へと、学び続けた約1万5,000人の修了生の皆さまが証明してくれています。

成長が実感できるワイン・テイスティング

Step-Ⅰの特長は、独自のメソッド「比較試飲法」に基づく本格的なワイン・テイスティングです。経験豊かな講師の指導のもと、最初はワインの特徴(外観・香り・味わい)をひとつずつ言葉にするところから。しかし、講座修了時には、ブラインド・テイスティング(銘柄名などを伏せた状態での利き酒)で、主要なブドウ品種や産地について推定ができるようになるのです。テイスティング・テクニックは、我流・独習では決して身に付きません。スポーツと同じように、適切なコーチングを通じて初めて上手くなるものです。半年間のカリキュラムの中で、受講生の皆さまは成長を実感し、確かな手応えの中でテイスティングの魅力の虜になっていきます。

厳選された美味しく高品質なワイン

Step-1でテイスティングするワインの数は、合計約110銘柄。30年の歴史の中で、工夫と洗練を積み重ねてきたベストなラインナップです。これらのワインは、単なる「教材」ではありません。美味しく楽しめることにも重きを置いて、専属のワインバイヤーが厳選しており、現地のワイナリーから直接買い付けたものも多数含まれています。その平均価格は、標準小売価格で1本あたり約5,000円。1万円、2万円を超える高級ワインが登場することも珍しくありません。Step-Ⅰのレッスンで1回にテイスティングする5~6種類のワインを、レストランでグラス・ワインとして頼むとすると、6,000~7,000円ほどになることころ。そのような品質の高いワインを本格的な講義とともに楽しめるのですから、1レッスンあたり6,750円(税別)という受講料は、決して高いものではありません。

ワイングラスはリーデルで

ワインを十分に楽しんでいただくために、2017年秋からStep-Ⅰでもリーデル社の<ヴィノム> ジンファンデル/リースリング・グラン・クリュを使用することになりました。
リーデル社は、世界随一の高級ワイングラス・メーカーで、このグラスは最も汎用性の高いグラスとして、世界的なワイン品評会やソムリエコンクールなどでも使用されています。同じワインでも、グラスが違えば香りや味わいなど、その魅力は大きく変わります。アカデミー・デュ・ヴァンでは、ワインを最高の状態で味わっていただくために、グラスについても最良のものを選んでいます。

ほかでは得られない情報が詰まった
オリジナル・テキスト

Step-Ⅰでは、アカデミー・デュ・ヴァンが独自に編纂したA4判フルカラー127ページのオリジナル・テキストを使用し、知識を習得していきます。最も学習効果が上がるように入念に設計されたそのコンテンツは、市販の書籍やインターネット上の情報では手に入らないもの。ビギナー向け講座とはいえ、記載されている情報は深さ、広さ、量のいずれの面でも十分すぎる水準です。多くの経験を持つワインのプロからも、「中身が濃い。勉強になる」と賞賛や感謝の声をいただくほどです。

「ソムリエ」などワインの
資格取得準備にも最適の講座

ワインに関する資格(日本ソムリエ協会認定の「ソムリエ」、「ワインエキスパート」、英国WSET認定のレベル別資格など)を、将来的に取得されたい方にも、Step-Ⅰは最適の講座です。難関資格に立ち向かうには、まずは基礎がためをするのが最善の策。強固な土台がないところに立派な上物は建ちません。アカデミー・デュ・ヴァンでは、「J.S.A.受験対策講座」(毎年1月、3月開講)、「WSET Level2」(毎年春、秋開講)、「WSET Level3」(毎年春・秋開講)といった資格試験対策の講座も設けておりますが、まずはStep-Ⅰでしっかりした土台を造りましょう。それが合格への早道です

国内最高レベルのプロフェッショナルたち。
個性豊かな講師陣。

Step-Ⅰを担当する講師陣は、日本のワイン業界の第一線で活躍する精鋭揃いです。メディアに頻繁に登場するワイン・エデュケーター、一流レストランのソムリエ、有名ワインショップ・オーナーなどで構成される講師陣の質の高さも、アカデミー・デュ・ヴァンの誇りです。あなたと相性ぴったりの講師がきっと見つかります。

ワイン総合コース Step-Ⅰ カリキュラム紹介

Step-Ⅰは、全20回のカリキュラムで、各回ごとにテーマが定められており段階的に学べます。
フルカラーのオリジナルテキストとパワーポイント・プレゼンテーションを用いる講義で、深く幅広い知識習得が可能です。

1回

ワインとの出会い

  • ワインとは何か
  • Step-Ⅰのカリキュラムと目標
  • アカデミー・デュ・ヴァンについて
  • 試飲理論① テイスティングの流れ
  • テイスティング 3銘柄
  • ワインとは何か
2回

ワインの三大要素(品種/テロワール/発酵)

  • ブドウ品種概論
  • テロワール概論
  • アルコール発酵とは?
  • 試飲理論② テイスティングの基礎
  • テイスティング 4銘柄
3回

すべてはブドウ畑から始まる(栽培の基本)

  • 優れたワインは優れたブドウから
  • ブドウを植える/仕立てる
  • ブドウの生育サイクル
  • 収穫は一年のクライマックス
  • テイスティング 6銘柄
4回

白ワインを知る~ピュアな味わいの秘密

  • 白ワインはどんなワインか?
  • 白ワインの醸造フロー
  • 主な白ワイン用ブドウ品種
  • 試飲理論④ 白ワインの香りの表現
  • テイスティング 6銘柄
5回

赤ワインを知る~玄妙・複雑な風味はどこから?

  • 赤ワインはどんなワインか?
  • 赤ワインの醸造フロー
  • マロラクティック発酵
  • 主な赤ワイン用ブドウ品種
  • 試飲理論⑤ 赤ワインの香りの表現
  • テイスティング 6銘柄
6回

偉大なワインを知る~テロワールと人が織りなす芸術品

  • 優れたワインとは何か?
  • 土壌の条件、傾斜について、気候の影響
  • 栽培上の工夫
  • 高級ワインに用いられる醸造方法
  • 試飲理論⑥ 樽由来の風味いろいろ
  • テイスティング 6銘柄
7回

ロゼワインを知る~世界の大ブレイク中の第3のスタイル

  • ロゼ・ワインとはどんなワインか?
  • ロゼ・ワインの醸造法
  • 代表的なロゼ・ワイン
  • 試飲理論⑦ 嗅覚の生理学
  • テイスティング 6銘柄
8回

甘口ワインを知る~驚嘆すべき自然の奇蹟

  • 甘口ワインとはどんなワインか?
  • 果汁糖度を上げて造る本格的甘口ワイン
  • 世界三大貴腐ワイン
  • 試飲理論⑧ 味覚の干渉作用
  • テイスティング 6銘柄
9回

酒精強化ワインを知る~どこまでも奥深い大人の世界

  • 酒精強化ワインとはどんなワインか?
  • シェリー
  • ポート
  • マデイラ
  • その他の酒精強化ワイン
  • 試飲理論⑨ タンニンの質感について
  • テイスティング 6銘柄
10回

スパークリング・ワインを知る~優雅で華やかな祝祭の酒

  • スパークリング・ワインとはどんなワインか?
  • 伝統的醸造法
  • その他の醸造法
  • スパークリング・ワインの主要産地
  • スパークリング・ワインのラベル表示用語
  • 試飲理論⑩ スパークリングの試飲について
  • テイスティング 6銘柄
11回

グラスとデキャンタの魔法

  • サービス次第でワインは美味しくなる
  • ワインの温度管理
  • デキャンティングについて
  • グラス選択
  • 試飲理論⑪ 味覚の生理学
  • テイスティング 4銘柄(異なるワイングラスを使った比較試飲)
12回

世界のワイン市場~流通経路/価格形成/スタイル

  • ワインの価格形成と流通経路
  • ワイン・ジャーナリズムの影響とスタイルの画一化
  • 古酒の再販売とワイン・オークション
  • 試飲理論⑫ ワインの点数評価
  • テイスティング 6銘柄
13回

料理とワインの相性~華やかに彩られた人間の英知

  • マリアージュとは何か?
  • 組み合わせの基本
  • 定番の組み合わせ
  • チーズとワインの組み合わせ
  • 試飲理論⑬ ワインの色の濃さについて
  • テイスティング 5銘柄+チーズ4種
14回

フランスの銘醸地をめぐる~ワイン王国の懐の深さ

  • ワイン王国の光と陰
  • フランスのワイン法
  • ランスの主要産地
  • 試飲理論⑭ ブラインド・テイスティングのコツ
  • テイスティング 6銘柄
15回

ドイツの銘醸地をめぐる~寒冷地ならではの個性的なスタイル

  • 寒冷な気候から生まれる白ワインの国
  • 河沿いの斜面の畑
  • ドイツのワイン法
  • ドイツの主要品種
  • 試飲理論⑮ ワインの欠陥
  • テイスティング 6銘柄
16回

イタリアの銘醸地をめぐる~陽気さのなかに秘められた高貴さ

  • 急速な近代化でよみがえった伝統国
  • イタリアのワイン法
  • イタリアの主要品種
  • イタリアの主要産地
  • 代表的なラベル表示用語
  • 試飲理論⑯ 発酵に由来する香り
  • テイスティング 6銘柄
17回

スペインの銘醸地をめぐる~広大な畑で生まれる新しい風

  • 世界で最も広いブドウ畑の国
  • スペインの主要品種
  • スペインのワイン法
  • スペインの主要産地
  • 試飲理論⑰ 味わいの時系列評価
  • テイスティング 6銘柄
18回

アメリカ合衆国、オーストラリア~ヨーロッパから遠く離れて

  • 自由なワイン造りの新天地
  • アメリカ合衆国概論
  • アメリカ合衆国のワイン法
  • オーストラリア概論
  • オーストラリアのワイン法
  • 試飲理論⑱ 味わいの時系列評価
  • テイスティング 6銘柄
19回

ブルゴーニュ~神に約束された土地

  • ブルゴーニュ概論
  • AOCの階層構造
  • ブルゴーニュ地方の生産地区
  • ドメーヌとネゴシアン
  • 試飲理論⑱ ブドウの熟度とワインの風味
  • テイスティング 6銘柄
20回

ボルドー~壮麗な城館が生む偉大なワイン

  • ボルドー概論
  • 主要ブドウ品種
  • ボルドー地方の生産地区
  • シャトーの格付け
  • 試飲理論⑳ 赤ワインの熟成
  • テイスティング 5銘柄

講座内容には満足の声が多数

魅力たっぷりのStep-Ⅰは、
受講生の皆さまから多くの「満足」の声をいただいています。

※2016年 秋冬シーズン修了時アンケート結果

  • 鈴木 有美さん(ワインショップ勤務)

    ワイン専門店の跡継ぎであるご主人様と出会われてから、気付けばワインが身近にある毎日になっていたという鈴木さん。ワイン販売の接客に役立てたいとワインアドバイザーの資格取得を目標に、アカデミー・デュ・ヴァン東京校へ。Step-Ⅰでワインの基礎を学ばれた後、受験対策講座へ進まれ、見事試験に合格されました。

    「ワインアドバイザーの試験は暗記量が多く、頭に入れたはずの言葉が翌日に出てこなかったり、途中不安になることもしばしば。それでも、先生の熱心な指導と、クラスメートとの情報交換や励ましのお陰で、最後までやり遂げることができました。一人での受験勉強だったら、ここまで頑張れなかったかもしれません。
    また授業を受け始めてから、しっかりと自覚できたのは、テイスティングの力が付いた事です。授業では毎回6種類程のワインを比較試飲することで、品種や産地の違いを明確に感じとるトレーニングを重ねることができました。今では、単体で出されたワインでもそのワインの特徴を掴めるようになったのは、比較試飲の経験によって、自分の中に、ある程度の基準を確立することが出来たからだと思います。
    今後は、試験の為に学んだ知識を、実際に使える知識に向上させるべく勉強を継続していくつもりです。ワイナリーの訪問や、生産者セミナーなど興味の幅も広がり続けています。
    試験までの苦楽を共にした友人達は、みんな一緒に試験に合格し、今もワイン会などで集まっています。仕事や年齢も様々ですが、これまでの人生では出会えなかったコミュニティーを育むことができたことは、試験合格と同じくらいの大切な宝物になりました。」

  • 宮本 英範さん(ホテルオーナー)

    海外経験豊富な宮本さん、特にニューヨークに9年間お住まいの期間に、多種多様のワインを飲む機会があり、ワインに興味を持たれたそうです。ホテル事業をスタートされてからは、その気持ちが更に高まり、また周りのワイン資格保持者のご友人達からの勧めもあり、アカデミー・デュ・ヴァンへお越し頂きました。

    「まずはしっかり基礎の勉強をと思い、ワイン総合コース「Step-Ⅰ」の受講を決めました。授業にも慣れてきた頃、ふと「ワインエキスパート」資格挑戦が頭をよぎったんです。思い立つとすぐに行動に移さずにいられなくなり、「Step-Ⅰ」受講と同時進行で「受験対策講座」の受講を決意。すでに2か月近くも前から始まっていた受験講座への途中入校、試験までに残された期間は約3ヵ月という時期からのスタートは、想像以上に大変なものでした。しかし、「受験対策講座」の授業では出題傾向を具体的に教えてもらえ、試験合格のポイントに絞られた内容だったので、莫大な出題範囲を効率的に学ぶ事ができ、特に苦労した二次試験のテイスティングでも、品種や国の見極め方を、先生がしっかり伝えてくれたことで、試験日は自信を持って臨むことができました。 無事、合格した現在は、「Step-Ⅱ」を受講中ですが、受験勉強で培った知識とテイスティング技能が自分の中でしっかりと結びつき、新たに学ぶ内容が毎回楽しみで仕方ありません。
    試験を終えて思うのは、ワインは知れば知るほど、更に知識欲が増していくものだということ。今後は、ワインと食事のマリアージュや、ワインの生産者についてなど、実生活に生かせる知識も積み重ねていきたいと思っています。アカデミー・デュ・ヴァンには、その希望を叶えてくれる多彩な授業があるので、次はどの講座にしようかと思案中です。」

  • 平坂 昌士さん(商社勤務)

    昨年、メドックマラソン出場の為、フランスのボルドー地方を訪れた際にシャトー見学をしたのがきっかけで、よりワインに興味を持ったという平坂さん。

    「仕事はワインとは全く関係のない仕事なのですが、もともとワインが好きだったので、プライベートやお客様との会食などでよく飲んでいました。ただ、これまではあまり理解しようとせずに漫然と飲んでいましたね。 昨年、メドックマラソンにエントリーしていたので、初めてボルドーを訪れました。その際、いくつかのシャトーを見学する機会がありました。ブドウの栽培から収穫、発酵、熟成…と醸造工程を目の当たりにして、普段何気なく飲んでいるワインがこれほど多くの過程やたくさんの人の手を経て作られていることに驚き、もう少し理解を深めたいと思ったのが勉強を始めようと思ったきっかけでした。
    帰国後、アカデミー・デュ・ヴァンの「無料体験セミナー」に参加したのですが、初心者にも分かりやすい授業でしたし、リラックスした雰囲気だったことを覚えています。まずは、ワイン全般を体系立てて勉強したい、とStep-Ⅰを受講することにしました。先日Step-Ⅰを修了し、今はStep-Ⅱに進んでもう少し理解を深めようと思っています。
    勉強を始めてからは、お店側から薦めてもらったワインをある程度理解しながら飲めるようになりましたし、ソムリエのいないお店でも、料理に合ったワインを選べるようになったことは自分ではすごい進歩です(笑)。仕事柄、お客様と会食をする機会も多いのですが、思いのほかワイン好きのお客様がいらっしゃるので、ワイン話で盛り上がることも多く、コミュニケーションツールとしても役立っています。
    また、一緒に授業を受けている仲間とは、授業後「復習会」と称してほぼ毎回ワインを飲みに出かけていますよ。授業のない日にも、仲間の家でワイン会を開いたり、大人の遠足に出かけたりして交流を深めています。仕事も年齢もバラバラですが、共通の趣味であるワインを通じて仲間が増えたことは、私の財産になっています。」

  • 宮本 幸乃さん(サービス業)

    「ワインが好きという気持ちだけで、ただ漠然と飲んでいた」という宮本さん。数件のワインスクールのパンフレットを取り寄せ検討した結果、内容が充実しているような印象を感じアカデミー・デュ・ヴァンを選ばれたそうです。Step-Ⅰ、Step-Ⅱ、受験対策講座を受けて、現在はStep-Ⅲをご受講中です。

    「ソムリエ試験は暗記量が多いので、どれだけ効率良く覚えられるかが、重要になります。アカデミー・デュ・ヴァンのオリジナルテキストは、大変見やすく纏まっており、とても素晴らしいテキストです。授業では、テキストの中からより重要な箇所や分かり難い箇所を解説していただけます。毎回行われる小テストは、より学習に減り張りを与えられるので、とても助かりました。先生の言われた通り学習を進め、小テストも怠らず勉強をすることにより、試験当日ではとても良い結果を残すことができました。
    二次試験のテイスティング対策でも、品種や国などの見極め方を先生にしっかり教えていただいていたので、試験当日も焦らず解答することができました。合格後、試験勉強を振り返ると勉強を共にした仲間もでき、充実し楽しかったようにさえ思います。真剣に勉強することにより、曖昧な知識が明確になっていき、ワインが今まで以上に好きになりました。それと同時にワインの難しさを実感しより勉強意欲が湧き、今はStep-Ⅲを受講しています。
    ワインは人生に楽しみを与えてくれます。ワインが嫌いな人は好きに、好きな人はよりに好きになるお手伝いができるように、今後はソムリエとして、より一層知識を増やしていきたいと思っています。」

講座概要

ワインの基礎を体系的に学びたい方を対象にした初級コースです。初めてワインの勉強をする方でも安心してご受講いただけ、20回修了時には本格的なワイン観が身につきます。テイスティングの時間には、毎回4~6種類(計110種類以上)のワインを比較試飲します。第4回からは、ブラインド(目隠し)で比較試飲し、段階的プログラムと専門的な指導を通じて能力を磨きます(修了時には、ブラインドでブドウ品種や産地の判断ができるようになります)。フルカラーのオリジナルテキストとパワーポイント・プレゼンテーションを用いた講義では、深く幅広い知識習得が可能です。第1~10回、第11~20回の分割申込も可能です。

講座名 ワイン総合コース Step-Ⅰ
受講期間 約6ヶ月毎週1回
回数 全20回修了
受講料 145,800円(税込)
テイスティングするワイン 約110種類
振替制度 あり

無理なく通える振替制度

Step-Ⅰは同じ内容のレッスンが、複数の曜日・時間帯で多数行われています。仕事の都合などで、登録のクラスに出席できないとき、レッスンの開始時間までに振替申請をしていただければ、別の曜日・時間帯のクラスに振替ができます(振替制度)。振替受講は、半年後に行われる次シーズンのレッスンまで可能。PCやスマートフォンから、24時間簡単に手続きしていただけます。Step-Ⅰは開講クラス数が多いので、お忙しい方でもレッスンをお休みされることなく、お通いいただくことができるのです。

お得な割引プラン・特典が充実

早割制度 9月15日(金)19:00までのお申込みで受講料が10%OFF
再聴講制度 対象講座の前半部分(講義)が特別価格で再受講可能
シニア割引 60歳以上の方は平日朝昼講座に限り受講料が10%OFF
一括申し込み割引 Step-ⅠとJSA受験対策講座の同時申込で10%OFF
ブラッシュアッププラン 対象講座の再受講が30%OFF
友人紹介特典 ご友人の紹介で直輸入のワインを1本進呈

まずは無料体験セミナー・授業見学へ

無料体験セミナー・授業見学・各種説明会を随時開催中です。
実際にスクールでテイスティングを体験したり、授業の様子をご覧いただくこともできます。

お電話で無料体験を申込む

  • 東京校(青山・銀座・名古屋) 03-3486-7769
  • 大阪校 06-6292-0420
PAGE TOP