K507
 

研究科コース

1974アンジェロ・ガヤ、1985ブルネッロほか。熟成イタリアワインの魔性と妖艶

会場 大阪校
受講期間 約5ヶ月 全3回修了
登録料 新規 5,500税込
更新 2,200税込
受講料 62,700税込
お支払い方法 クレジットカード
振替制度 あり(カテゴリーB)
催行決定日
2019年 10月 11日 (金)

振替制度とは?教育訓練給付制度とは?

クラスを選ぶ 日程のご確認や申込み手続きができます

クラス名
【開講決定】金曜日 19:00~21:00 担当講師:寺下光彦
満席
キャンセル待ち登録

講座の説明

歴史的当たり年、1974年アンジェロ・ガヤ バルバレスコ、
1985年ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ
1975年アルド・コンテルノ バルベーラ(ブッシア)
1967年サンジョヴェーゼ
1964年ゲンメ(北ピエモンテ)
などなど、多数の熟成ワインを試飲しながら、想像を絶する、イタリアワインの熟成力と、熟成による向上力、開花力と、その感動をご体験いただくクラスです。

熟成力に定評のあるバローロ、バルバレスコ以外にも、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノなどのトスカーナ・ワイン、
ピエモンテ北部の至宝、ゲンメやガッティナーラの1970年代、60年代の当たり年、さらには40年以上熟成し驚異的なブケを開花させるバルベーラなども抜栓し、イタリアワインの偉大な熟成力を味わいます。

講師はワイン専門誌「ヴィノテーク」を中心に、「ブルータス」、「あまから手帖」、「ミーツ」などを長年執筆するワイン・ジャーナリスト、寺下光彦。
のべ30回以上に渡るイタリア現地取材に加え、フランス各地、ジョージア、ギリシャ、ポルトガルなど、話題の産地に徹底して足を運び、30年以上グランヴァンを飲み続けた膨大な体験の蓄積を元に、「真に偉大なワイン」を教室にお届けします。

今回のワインは全て講師が、取材で何度も訪れたピエモンテ、トスカーナの現地のショップで1本1本、輝きと色調、状態を確認し、大量の古酒の中から選抜と厳選を重ねた、トップコンディションのものばかりです。
ゆえ、日本でよく出合う、紹興酒化したものや熱劣化した(死んだ)古酒は無縁ですのでご安心を。 偉大なオールド・ヴィンテージならではの、妖艶・華麗・セクシーな香りと味わいを、是非ご堪能ください。

講座は全3回で、毎回25年~50年前後の熟成ワインを3~4本、+同エリアの近年の注目生産者のワイン2~3本、計6本前後を抜栓します。

※レヴェル1、レヴェル2のワインラヴァーにも、この美味しさは当然、即座にご理解いただけます。全レヴェルの方に、お気軽にご参加いただければ幸甚です。

▼テーマ日程
クラス:金曜日 19:00~21:00
1回 10/18 アンジェロ・ガヤ1974 年ほか、ピエモンテ・南北の熟成ワインを比較。
2回 12/20 1985 年ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ、1967 年サンジョヴェーゼほか。熟成トスカーナワインを比較。
3回 2/21 1975 年アルド・コンテルノ/バルベーラ、40 年以上熟成の当たり年バローロほか。ピエモンテ南北の熟成ワインを比較。Vol.2。
PAGE TOP