• 青山校

銘醸シャンパーニュで飲み解く、酸化と還元

会場 青山
回数 全1回
定員 12 名
開講日 5/24 (木)
催行決定日 5/17 (木)
講師 日向理元
コース 特別セミナー

講座概要

ワインの醸造において酸化・還元は注目のトピックスです。酸化的なシャンパーニュを造ると言われるジャック・セロス、還元的に造ると言われるテタンジェのコント・ド・シャンパーニュ。人気のブラン・ド・ブランの味わいにおいて、酸化・還元はどのような影響をあたえているのでしょうか。直近7年間内にリリースされた、両生産者それぞれが造る3本のシャンパーニュのテイスティングを通して、酸化・還元について考えます。
※ワインの購入・保管には万全を期しておりますが、流通量の少ないワインを使用しているため、劣化している場合でも代替ワインが無いことは予めご了承ください。なお、クラス会は予定しておりません。

カリキュラム

第1回

Taittinger Comtes de Champagne (1999、2004、2006) Jacque Selosse Initial (degorgement 2008、2011、2015)

講座日程

期間:全1回修了 全1回修了
※回によって曜日・時間が異なるクラスがあります。詳しくは各クラスをクリックしご確認ください。

5/24 (木) 開講クラス

木曜日 19:00~21:00  講師:日向理元

募集終了
  • 第1回
    2018/05/24 (木)  19:00~21:00
※こちらの講座は振替制度対象外講座となります。

講師紹介

ワイン造りを夢見る空想ワインメーカー。カリフォルニア大学UC Davis Extension Winemaking Certificate Program修了。 J.S.A.認定シニアワインエキスパート。訳書にレミントン・ノーマン著「ブルゴーニュのグラン・クリュ」(白水社)。 「ワイン男子101人の“もてなしワイン”300本」(JSA)執筆にワイン男子として参加。

費用

受講料
19,440円 (税込)
お支払い クレジットカード
  ※ はじめてお申し込みの場合は、登録料として5,500円(税込)を申し受けます。翌年以降は、年間更新料:2,200円(税込)となります。
公式SNSで最新情報配信中