アカデミー・デュ・ヴァン初、シガー教室(ワインと共に)

会場 レストラン
回数 全6回
定員 12 名
開講日 4/30 (火)
催行決定日 4/23 (火)
講師 葉山考太郎
コース レストラン・コース

講座概要


ソムリエ日本一を決めるコンクールでは、昔はワイン関係の設問限定でしたが、今では、シガーも出題されます。

シガーを吸う女性は、超級カッコよく、昔、アメリカの深夜の人気テレビ・トーク番組、「デヴィッド・レターマン・ショー」にマドンナがゲスト出演した時、ソファーに深く腰掛け、キレいな脚を組んで、シガーを吸っていました。あまりのカッコよさに6歳から98歳までの全米の男が狂喜乱舞しました。

女性がショット・バーで一人で座り、マールを飲みながら、チェーサーとしてシャンパーニュをオーダーし、ゆったりとシガーを吸っている様子は、カッコよすぎ。ジェームス・ボンドが1ダースも口説きにくるでしょう。

シガーはスタイリッシュですが、巨大な偏見があります。シガーには、紙巻き煙草のような習慣性はありません。、シガーは贅沢品なので、景気が悪くなるとみんな吸わなくなります。私も、吸う時は5日連続で毎晩1本吸いますが、機会がないと3、4年も吸いません。紙巻き煙草は、煙を肺に入れますが、シガーは口の中でふかすだけ。高校生が粋がって煙草を吸っている時と同じ吸い方なので、最初からプロっぽく吸えます。

アカデミー・デュ・ヴァン初のシガー講座は以下の要領で開催します。

①青山校は都条例で禁煙のため、台東区にあるシガー・バー、「アトリエ・コルク・アンド・チップ:台東区橋場1-36-2」を貸し切ります。オーナーの久保友則さんは、ソムリエ歴20年超のベテランで、同時に、コルク・アートの芸術家としても有名。店内に作品を多数、提示しています。

②毎回、コイーバ、ロミオ・イ・フリエタ、フォンセカ、オヨー・ド・モントレなど、本場キューバの代表的な手巻きシガーの中から1つ選び、味わっていただきます。

③ポート、ブランデー、ラム酒のようなハードリカーや、ワインとともにお楽しみいただきます。マリアージュを探ってください。

④軽食も提供いたします。

⑤シガーの基礎知識(製造法、長さによる呼び方、専門用語)、シガーの吸い方(吸い口の切り方、火の点け方、吸い方、持ち方、灰の落とし方、火の消し方)、生産者の面白話しを丁寧に解説します。

初心者ほど面白い! 皆様のご参加をお待ちしています。

講座日程

期間:全6回修了
募集中

4/30 (火) 開講クラス

火曜日 19:00~21:00  講師:葉山考太郎

  • 第1回
    2024/04/30 (火)  19:00~21:00
  • 第2回
    2024/05/28 (火)  19:00~21:00
  • 第3回
    2024/06/25 (火)  19:00~21:00
  • 第4回
    2024/07/30 (火)  19:00~21:00
  • 第5回
    2024/08/27 (火)  19:00~21:00
  • 第6回
    2024/09/24 (火)  19:00~21:00
※こちらの講座は振替制度対象外講座となります。

講師紹介

シャンパーニュとブルゴーニュとタダ酒を愛するワイン・ライター、翻訳者。ワインの年間純飲量は 400リットル超。これにより2005年、シャンパーニュ騎士団のシュヴァリエ、2010年に同オフィシエを授章。主な著書は『クイズでワイン通』『クイズワイン王』『今夜使えるワインの小ネタ(以上講談社)』『30分で一生使えるワイン術(ポプラ社)』、主な訳書は、『ブルゴーニュ大全(白水社)』『オレンジワイン 復活の軌跡を追え!(美術出版社)』

費用

受講料
79,200円 (税込)
1回あたり13,200円(税込)×6回
お支払い クレジットカード、銀行振込
  ※ はじめてお申し込みの場合は、登録料として5,500円(税込)を申し受けます。翌年以降は、年間更新料:2,200円(税込)となります。申込講座の終了日までに登録期限が切れる場合は、更新料が発生します。
公式SNSで最新情報配信中