R050
 

レストラン・コース

実践マリアージュ お寿司と日本酒

会場 レストラン
受講期間 全3回 全3回修了
登録料 新規 5,500税込
更新 2,200税込
受講料 51,150税込
お支払い方法 クレジットカード、銀行振込
振替制度 なし
催行決定日
2020年 01月 15日 (水)

振替制度とは?教育訓練給付制度とは?

講座の説明

和食がユネスコ無形文化遺産に登録され、世界の代表的都市には和食店が激増し、国際的に日本酒への注目が高まっております。
日本においても日本酒は見直され、特定名称酒の出荷は増加に転じ、その比率はついに40%を超えました。
日本ソムリエ協会は2017年度より日本酒・焼酎に特化した認定制度「SAKE DIPLOMA」を立ち上げ、日本酒への理解を深める活動を進めております。

ワインは料理とのマリアージュ知識が巷に溢れ、一品一品の料理に対し、ワインを合わせるお店も多くなりました。
しかし、日本酒の味の違いを料理と共に認識できる場面は少ない状況です。
そのような中、料理の品ごとに別々の日本酒少量を絶妙に合わせるお寿司屋さんに出会いました。
明治の時代から食の激戦区「湯島」に立地し、代々の努力で営業が続く「すし初」、店主はその4代目、子供の頃から日本食文化が身近にあり、文食両立探求心旺盛、一代ではなかなか生まれない和食マリアージュの世界が存在しました。
本講座はすし初4代目山内祐治と、日本酒をこよなく愛しその伝承に力を注ぐ野村貴一がペアを組んで行います。
PAGE TOP