野村貴一Takakazu Nomura

日本ソムリエ協会認定 シニアワインエキスパート SAKE DIPLOMA

大手精密機械メーカー開発区20年勤務後、目黒区学芸大学駅前にて文具・デザイン会社経営。
会社経営の傍ら、当校講師と合わせ多忙な日々を送っている。
中小企業診断士

おいしいお酒、「うめぇーなぁ」とうなりながら飲んる時、至福。
そして、みんなと盛り上がって歓声上げている瞬間が最高!
趣味で始めたワインの世界にどっぷりハマりました。
ワインスクールの皆様とはワイン会だけでなく、ゴルフ・スキー・ヨット・ワイナリーツアー等、一緒に遊ぶ機会が増えてます。
仕事の人間関係からは想像もできない、生活の充実感をもたらせてくれたこの世界。
今度は皆様にお伝えする番だと心に誓っております!

「ソムリエ」「ワインエキスパート」認定試験をお考えの皆様へ

野村クラス、一昨年は受験者全員、昨年は90%合格!
皆様との乾杯は、格別なものになりました。
授業は下記の様、合格に不安がある方でも楽しく、そして安心して受講いただけることを心がけております。

1)時間を有効に使う効率的な授業
授業には、重要ポイントを絞り込んだオリジナル図解チャートを準備して望みます。
ノートを取る時間と労力を省き、その分理解そして記憶をする場にしたいと思います。
重要ポイントは、数々の資格を取得した経験と過去の試験問題分析より的確にはじき出し、伝授いたします。

2)チャート化したティスティング手法
2次試験はブラインドティスティングです。こちらの方が不安とおっしゃる方も多いです。
ティスティングは自分独自の用語選択では合格が難しい状況です。品種決め打ちからの回答などはもってのほか!
外観・香り・味わいを短時間で分析し、コメントは法則に乗っ取った選択が合格に近道となるので、そのポイントを伝授いたします。
品種確定は考え方をチャート化し、頭で整理しながら正解に導くコツをお伝え致します。
ティスティングに対する考え方が整理された後には、プロの世界でも通用する能力が身についてきます。

3)出席しやすい時間帯
他の夜コースとは少し時間に余裕がある、夜19時30分から授業は始まります。
事務局にお願いし、少し時間をずらせていただきました。
受験クラスは授業冒頭より重要ポイントをお伝えする時間が始まってしまいます。
夜7時に青山校に到着するには、会社を6時過ぎに帰社しなければなりません。
自分の経験より、少しでも遅い時間からが良いのではと考えました。

4)細かなモチベーション管理
エキスパートを目指す方は、趣味の試験。やめてしまってもだれにも怒られないですよね。
合格はモチベーション維持が重要と考えます。
せっかく受講いただきました受講生の皆様に打ち解けていただく、クラス会は積極的に行います。
ソムリエ・ワインエキスパート資格、難関との評判はありますが、受講いただきました先輩達は楽しそうに合格して行きました。
皆様も野村クラスで合格いただき、これからの人生に華を添えていただきたいと考えております。
PAGE TOP