2020年の合格を目指すなら!

J.S.A.
SAKE DIPLOMA(酒ディプロマ)
受験対策講座
2020年3・4月開講
(東京/大阪/名古屋)

2020年SAKE DIPLOMA講座は
生まれ変わりました。

全12回の充実カリキュラムで、合格まで導きます。

酒イメージ 酒イメージ

合格のための学習方法とは?

SAKE DIPLOMAは、2017年スタートの新しい資格試験ですが、その試験範囲は広がる傾向にあります。例えば、日本酒以外の酒である焼酎の知識がより求められるようになっていること。また、テイスティングでは、ここ数年の間においても、日本酒自体の造り方にトレンドが見られており、個々の特徴の違いを見分けることが難解になっています。

そのため、特に日本酒の初学者(ワインを学んだことがある方含めて)には、なじみのない言葉の数々、テイスティングの難解さによって、年々ハードルが高まっていると言えるでしょう。

肝心なことは、日本酒の要である「造りによる違い」をしっかりと押さえながら、応用的な知識を身につけていくこと、テイスティングにおいても、造りの理論を知ったうえで、練習をすすめていくことです。

基礎を徹底的に理解した上での知識増強と実践練習は、SAKE DIPLOMAにおいて最も求められることです。

続きを読む

こんな方におすすめ

2020年度 受験対策講座の 合格メソッド6つの特長

特長
01

授業回数を全12回に拡大
最重要テーマの「造り」を強化

試験範囲の拡大への対応、そして、基礎であり最頻出テーマである「造り」の講義充実化などを目的に、これまで全10回だったカリキュラムを、全12回に拡大しました。

ただし、いたずらに情報量を増やすのではなく、本質的な理解と暗記ポイントをより重視した授業を提供します。

特長
02

まるで酒蔵見学。
映像使用による講義を実施

日本を代表する酒蔵である宮坂醸造とタイアップし、実際の酒蔵での仕込み作業などを撮り下ろした映像を使い授業を実施。

文字や説明だけでは伝わりづらい内容も直観的に理解でき、記憶にも残りやすくなります。

特長
03

受験を知り尽くした講師陣による、
一人ひとりに向き合う指導

講師は、2019年度「J.S.A. SAKE DIPLOMAコンクール」優勝者の山内祐治講師をはじめ、長年、日本酒の啓蒙やビジネスに従事する精鋭揃い。

また講師会等を通じて、講師間での情報共有をし、指導者としてのスキルも日々磨いています。

実績ある講師陣によるキメ細かいフォローアップが、皆さまの学習意欲を掻き立て、合格へと導きます。

特長
04

小テスト/期末模試で弱点把握。
チューターによるフォローも。

学んだことを着実に身につけてもらうため、毎回の授業では前回の授業で学んだ内容の小テストを行い、講義内にチューター(副担任)が、採点します。

また、本番さながらの期末模試も実施。受講生、講師、チューターが進捗状況を客観的に把握することで、今後の対策とモチベーションアップに絶大な効果を発揮します。

特長
05

日々の学習に圧倒的な効果を発揮!
学習アプリ「オンラインアカデミー」を無料で使い放題。

一般的利用料

38,500円 (税込)

当講座の受講生は、
無料でご利用いただけます!

  • 万が一の欠席時も安心!
    講義動画で毎回の講義の復習が
    いつでもどこでも、何度でも視聴可能
  • 2,000問を超える練習問題で、
    移動中や、すきま時間にも学習できる。
  • 試験直前には、リアルな問題も追加予定。
    アカデミー・デュ・ヴァンならではの、ネットワーク力を活かしたリアルな問題を追加。
特長
06

基礎から体系的に学ぶ
テイスティング指導

授業後半は、テイスティングパートになります。1回の授業で4種~6種、全12回を通じて約70種のアイテムを試飲していきます。

ただし、単に数をこなし、特定名称や使用米をあてられるようにするのではなく、正しいテイスティングの進め方、そして、個々の項目を分析的に見分けていく方法を身につけていただくアプローチをとります。

充実の学習環境・システム

交通至便な全国5拠点、
すべてが駅近
欠席連絡、振替も
便利なアプリ対応
日本酒を学ぶのに
ふさわしい教室空間
講師とともに
受講生をサポートする
チューター制度
クラス会や
中間パーティも開催
(別途費用)
直前対策や
二次試験対策など豊富な
オプションメニュー

はじめての方でも安心 1回の授業の進め方(2時間30分)

前半
講義 (90分~120分)
1次試験(筆記)に求められる知識のほか、 これから日本酒を学んでい上で、必ず押さえてほしい知識をふんだんにビジュアルを使い、講義形式で学んでいきます。
後半
テイスティング (30分~60分)
前半の講義と関連した日本酒を、実際にテイスティングし、香りや味わいについてコメント力を磨きます

精鋭の講師陣 講師のご紹介

アカデミー・デュ・ヴァンの講師は全て、日本酒のプロフェッショナルかつ、
合格へと導く指導力を兼ね備えた精鋭です。

  • 並里直哉青山校

    続きを読む
  • 山内祐治青山校銀座校

    続きを読む
  • 直井一成青山校

    続きを読む
  • 徳田ゆこ青山校

    続きを読む
  • 近森裕司新宿校

    続きを読む
  • 太田信也大阪校

    続きを読む
  • 小池和子名古屋校

    続きを読む

全12回で約70種類の日本酒が学べる カリキュラム

1 オリエンテーション/⽇本酒とは/⽇本酒の定義・分類
2 ⽇本酒の造り⽅(⽇本酒の製造〜洗⽶〜蒸きょう/発酵と微⽣物・酵素の関係)
3 ⽇本酒の造り⽅(酵⺟/製麹/酒⺟)
4 ⽇本酒の造り⽅(⾼温糖化酒⺟、⽣酛と⼭廃酛/醪)
5 ⽇本酒の造り⽅(上槽/瓶詰め/さまざまな醸造技術が⽣む⽇本酒の特徴/特別な⽇本酒)、造りのまとめ
6 ⽇本酒の歴史/⽇本酒における⽶
7 代表的な酒造好適⽶/村⽶制度/⼭⽥錦の産地/⽇本酒における⽔
8 杜⽒/主要⽣産地のプロフィール①
9 主要⽣産地のプロフィール②/焼酎①
10 焼酎②(焼酎と料理の相性)
11 テイスティングとサービス/⽇本酒と料理の相性
12 模擬テスト、解説

講座の授業料・受講期

授業料 79,200円(税込)
1回あたり6,600円(税込)× 12回

※テキスト代・学習アプリ代を含む
※はじめてのお申込みの方は登録料5,500円(税込)が必要です

受講期間 全12回(約5ヶ月)

まずは無料体験へ

少しでもご興味を持たれたら、
まずはお気軽に無料体験や説明会にお越しください。

ご検討中の方はこちら講座説明会の詳細・お申込み

講座申込はこちら

お急ぎの方へ
お電話でもお気軽にお問い合せください

青山校/銀座校/新宿校
03-3486-7769
大阪校
06-6455-2121
名古屋校
052-249-3921

<受付時間>
平日10:00~20:00/土日祝11:00~18:00

※大阪校、名古屋校の受付時間は以下の通りとなります。
平日12:00~21:00/土日祝11:00~18:00

資格取得に関する よくあるご質問

Q

他校の講座との違いは
どういったことでしょうか?

A

しいてあげるなら、講義+αの要素が充実していることだと言われます。

No.1ワインスクールとしての講師やカリキュラムの質はもちろんのこと、 忙しい受講生が通い続けやすい振替制度(クラス数が多いため、ご都合にあわせて通えます)や、 アプリでの講義動画の視聴、試験直前までの情報配信といった部分がアカデミー・デュ・ヴァンならではとご評価いただいています。

Q

都合の合わない回の授業は、
振替できるのでしょうか?

A

はい。充実した振替制度がございます。

前日までのご連絡であれば、無料で対応できます(当日でも、2,000円(税別)/回)で可能です。また、電話での連絡も不要で専用のアプリから簡単にできます。クラス数や校舎も多いため、普段は、「青山校の月曜夜のクラスだが、今週は木曜夜の新宿校に振替」 といったことも可能です。

Q

日本酒の勉強をするのは
はじめてですが、ついていけますか?

A

心配いりません。

前回の講義内容の習熟度を図る確認小テストを実施しますので、 必然的に勉強する習慣が身につき、さらに自分の苦手分野などを確認することができます。

また、講師によるきめ細やかな指導、 そして副担任制度によるサポートがありますので、 合格への強力なバックアップ体制が整っています。

まずは無料体験へ

少しでもご興味を持たれたら、
まずはお気軽に無料体験や説明会にお越しください。

ご検討中の方はこちら講座説明会の詳細・お申込み

講座申込はこちら

お急ぎの方へ
お電話でもお気軽にお問い合せください

青山校/銀座校/新宿校
03-3486-7769
大阪校
06-6455-2121
名古屋校
052-249-3921

<受付時間>
平日10:00~20:00/土日祝11:00~18:00

※大阪校、名古屋校の受付時間は以下の通りとなります。
平日12:00~21:00/土日祝11:00~18:00