理系的日本酒講座日本酒の味と技の秘密に迫ります

会場 青山
回数 全5回
定員 13 名
開講日 4/20 (水)
催行決定日 4/13 (水)
講師 小森真幸
コース 日本酒コース
振替カテゴリ カテゴリーG
2022年02月06日(日)11:00よりお申し込み受付開始

講座概要


2018年に改定された唎酒師のテキスト『新訂日本酒の基』の編集に携わった酒サイエンスライター(元朝日新聞科学部記者)の小森真幸が解説する日本酒を理系的側面から解き明かす全5回の講座です。

日本酒の稲の栽培、醸造から熟成、テイスティングをテーマに、毎回、ちょっとニッチな日本酒をテイスティング。楽しみながら紐解いていきましょう!


「高精白にできる酒造好適米とできないものはどう違うの?」

「米が原料なのにフルーツの香りが出るのはなぜ?」

「最も酒質を左右するファクターは何?」

「老香と熟成香はどう違うの?」

「風味と味覚はどう違うの?」

といった疑問を化学や生物学などの視点から最新のトピックを交えて読み解きます。

日本酒の勉強をしている時にモヤモヤする箇所を分かりやすく解説するため、資格試験を受けられる方も丸暗記する必要のない有効な情報が得られます。


テイスティングは、テーマに関連した、受験対策講座ではちょっと提供されない異色な5−6アイテムをご用意。飲んでおくとためになるアイテムです。そして第5回は、皆さんからのリクエストでアイテム構成して締めくくります!


日本酒を深く知りたい方、是非一度ご受講ください!

カリキュラム

第1回

原料米と仕込水キーワードは、稲の栽培、肥料、土壌、品種の特性、精米、仕込水、硬度、宮水など

第2回

日本酒を造る微生物麹菌、酵母、乳酸菌、種と株、代謝、系統樹、遺伝子、製麹、MLFなど

第3回

醸造のメカニズム酛、醪、香味の形成、仕込配合、品温経過、追い水、低アルコール原酒など

第4回

搾ってから熟成まで上槽、火入、加水、瓶貯蔵、貯蔵温度、濾過、熟成、メイラード反応、老香など

第5回

テイスティング上立ち香と含み香、五味、テクスチャー、風味、コク、キレ、味覚、嗅覚、脳、有機酸、アミノ酸など

講座日程

期間:全5回 全5回修了
※回によって曜日・時間が異なるクラスがあります。詳しくは各クラスをクリックしご確認ください。
募集前

4/20 (水) 開講クラス

水曜日 19:00~21:00  講師:小森真幸

  • 第1回
    2022/04/20 (水)  19:00~21:00
  • 第2回
    2022/05/18 (水)  19:00~21:00
  • 第3回
    2022/06/15 (水)  19:00~21:00
  • 第4回
    2022/07/20 (水)  19:00~21:00
  • 第5回
    2022/08/17 (水)  19:00~21:00
☆もし、急にご都合が悪くなり、ご出席いただけない場合でも、A~Hの振替カテゴリの講座に振替もできるので、忙しい方でも安心してお通いいただけます。 振替制度について詳しくはこちら

講師紹介

J.S.A.認定 SAKE DIPLOMA/SAKE DIPLOMA INTERNATIONAL/ワインエキスパート WSET Level3 Award in SAKE WSET Level3 Award in WINES & SPIRITS SSI認定 唎酒師/酒匠/SSI研究室専属テイスター 日本醸造協会 唎酒マイスター C.P.A.認定 チーズプロフェッショナル 酒史学会会員 今日でも、日々新たな香味が生み出される日本酒に魅せられ、唎酒師を手始めに垂直方向に上位の資格を取得。日本酒を語るには、同じく醸造酒で世界を席巻するワインを知らなければ、と水平方向にも触手を広げた。「日本酒をただ飲んでるだけじゃもったいない!」をモットーに一般向けの文化講座やFBOアカデミーなどで幅広いテーマで講師を務める。また、唎酒師のテキスト『新訂日本酒の基』の編集やSSIの研究員として調査研究にも携わる。

費用

受講料
44,000円 (税込)
1回あたり8,800円(税込)×5回
お支払い クレジットカード、銀行振込
  ※ はじめてお申し込みの場合は、登録料として5,500円(税込)を申し受けます。翌年以降は、年間更新料:2,200円(税込)となります。
2022年02月06日(日)11:00よりお申し込み受付開始
公式SNSで最新情報配信中