渡邉直人Naoto WATANABE

J.S.A.認定ワイン・ソムリエ、
JCHA一般社団法人日本生ハム協会 代表理事
CMJ第11回世界生ハム学会科学者委員

1980年代に在日スペイン大使館領事部に勤務し、初めてのスペイン旅行にてイベリコ・ハムに出会い、その魅力に魅了される。
1990年代に日本国内でスペイン製法の生ハム製造に関わり、2000年輸入解禁とともにスペインからイベリコ・ハムとイベリコ豚肉の輸入に携わる。
2011年8月に日本で初めてのスペインの生ハムの専門書「イベリコ豚の秘密とスペインの生ハム」を出版。
同年10月に開催された第5回世界生ハム学会に参加し、同書の出版の経緯と日本市場の特殊性をアピール。
2015年6月フランス・トゥールーズにて開催された第7回世界生ハム学会にて世界規模の生ハムの資格制度設立を提言し採択される。
同年10月一般社団法人日本生ハム協会を設立。
2019年5月世界で初めての生ハムの教本を出版。各所にて生ハムの啓蒙活動を行い、本年から生ハムの「エキスパート資格制度」を創設。
JCHA一般社団法人日本生ハム協会代表理事。
第11回世界生ハム学会科学者委員。
生ハムエキスパート資格試験審査委員長。