トップソムリエ藤巻 暁氏のプライベートセラー潜入記 Vol.4/いま、目をつけておくべきはスイスのワイン

藤巻 暁ソムリエはスイスワインがことのほかお好き。そこで今回はスイスワインを提案。「ではスイスやりましょう。確かに僕スイスワイン好きですけど、でもほかにもフランスやイタリア各地、カリフォルニアやオーストラリアや日本も、好きな産地いっぱいあるんですけどね(失笑)」……。要は筆者が好きなのだ、スイスが。ならば藤巻氏に教えてほしい、スイスワインの底力。役得、悪しからず。

文・写真/谷 宏美


【目次】

1. 日本におけるスイスワイン事情
2. それでもスイスワインが好きなわけ
3. スイスワインの生産地域をレクチャー
4. 世界に知られる銘醸スイスワイン
5. 地下セラーで発掘したスイスワインたち10選
6. 今回のお宝ワイン/ジャン-ルネ・ジェルマニエ プティット・アルヴァン 1998


1 日本におけるスイスワイン事情

ソムリエ教本のスイスに関する記述はここ数年で増え、呼称資格認定試験にトライしている読者は知識もあるだろう。だがまだ一般的には「スイスってワイン造ってるの?」という人が大半。スイスワインを目にしたことがない人も多いだろうし、プロでさえスイスの原産地呼称や品種を比較試飲までしている人は多くない。藤巻氏いわく、理由は3つ。

☑️その1 輸出量が極小
国民ひとりあたりのワイン消費量は世界第4位と、結構な飲んべえ国スイス。自国生産では全然足りず消費量の6割を輸入に頼っている。年間生産量約980,000hlのうち、輸出に回されるのは2%足らず。お目にかかれないはずである。

☑️その2 蔵出し価格が高い
山岳地域が多いという国土事情や永世中立国としての信頼度により外資が流入する国家事情などにより、世界でも群を抜いて物価高。他国から見れば生産コストそのものが高い上に、圃場のほぼ全域が山あいの斜面に位置し、機械化は不可能なためさらなるコスト高に。スイスワインは安く造れない。

☑️その3 流通コストが割高
ワイン自体の価格が高い理由のひとつでもあるが、周囲をアルプスやジュラの山脈に囲まれた内陸国であるスイスは輸送費がかさむ。船賃に加えさまざまなコストが上乗せされるため、輸入すると結構な金額になってしまう。

以上の理由から、スイスワインは他の産地と比較して割高である上に流通量が圧倒的に少ない。オン、オフトレードともに弱いのである。

 

2. それでもスイスワインが好きなわけ


ーそんなスイスワインの、ズバリどこが好きなんですか?
「出しゃばらないところ(笑)」。
ーワインの人格⁉︎
「俺が俺がと主張することなく控えめ、それでいて個性がある。自分もそうありたいと思っているんだけど、そんなところに魅かれるんですよね」

自己顕示欲が強くないのがいい、ということらしい。それには際立つ魅力や突出して優れた点があるのが前提。ソムリエやカヴィストとして藤巻氏が博識かつ有能であることは周知であるが、ご自身はまったくそれをひけらかすことはない。藤巻氏がスイスワインに共感するのは、わかる気がする。

「そしてですね、和食に合うんですよ、スイスワインって。京料理や家庭料理、すしに天ぷら、すき焼きなどいろいろありますが、それらの要素である出汁やみりん、醤油や味噌、薄味や発酵系などさまざまな味覚に対応できる」。なるほど、ペアリングの観点からも昨今の食のトレンドの波にのっているということらしい。

 

3. スイスワインの生産地域をレクチャー

国土の70%が山脈で大小1500の湖を有する豊かな自然に恵まれたスイス。風土や文化に関しては隣接している国の影響が色濃く、ワイン産地でいうとフランス語圏、ドイツ語圏、イタリア語圏に分かれる。国内で他の産地のワインにはなかなか出会えず、それくらい広い。そこで藤巻氏によるスイスワインレクチャーをば。

〔主な生産地域〕
🇫🇷スイス・ロマンド(Suisse Romande)=フランス語圏
・ヴァレー〜ローヌ川の山間の斜面に畑が広がるスイス最大の産地。シャスラやピノ・ノワール、固有品種のプティット・アルヴァンやアミーニュ、交配品種のガマレやガラ・ノワールなどブドウの種類も多彩。
・ヴォー〜世界遺産であるラヴォーのブドウ畑(単に地域でなく「ブドウ畑」として認定されている)を含め、レマン湖のほとり一面に畑が点在する風光明媚な産地。栽培品種の60%がシャスラ。
・ヌーシャテル〜区分上は三湖地区と呼ばれ、ウイユ・ド・ペルドリの発祥の地としても知られる。

🇩🇪スイス・アルモン(Suisse Allemande)=ドイツ語圏
・フランス国境にも近いバーゼル-ラントシャフト、ハイジの里として知られるイニェンスのあるグラウビュンデン州など。ここでは、世界的な超高額ワインも産出されている。
🇮🇹スイス・イタリエンヌ(Suisse Italienne)=イタリア語圏
・ティチーノとグラウビュンデン州の一部から成る。フィロキセラ禍でブドウを植え替え、栽培品種の80%がメルロという特徴的な産地。メルロで白もロゼも造る。

〔ブドウ品種〕
シャスラやピノ・ノワール、固有品種のプティット・アルヴァンやアミーニュ、交配品種のガマレやガラ・ノワールなどブドウの種類も多彩。

赤も白も造られていて、現在作付面積が一番大きいのはピノ・ノワール。
白ブドウは、代表品種シャスラに加え、プティット・アルヴァンやアミーニュといった固有品種も多い。また交配品種のガマレやガラ・ノワール(いずれもガメイの交配)などハイブリッドの栽培も盛ん。
※プティット・アルヴァンはプティ・アルヴィン、プティット・アルヴィーヌ、プティ・タルヴァンなどさまざまな表記があるが本記事ではプティット・アルヴァンに統一。

思いのほか赤もかなり造っているのだが、「僕が面白いと思うのはやはり白ですね」。

 

4. 世界に知られる銘醸スイスワイン

日本では飲まれてもいなければ知られてもいないスイスワインだが、世界のワイン愛好家が血眼になって探す生産者やアワードで高評価を得るワインがたくさんある。

  • スイスのロマネ・コンティと名高い ガンテンバイン(Gantenbein)/グラウビュンデン州
  • ピノ・ノワールと並びコンプレーターという希少品種でも知られるドメーヌ・ドナッチュ(Domaine Donatsch)/グラウビュンデン州
  • 現当主が10代目のシャスラの名手 ドメーヌ・ルイ・ボヴァール(Domaine Louis Bovard)/ヴォー州
  • 設備も製法も可能な限り自然な造りを目指し、プラスチックの桶も使わない老舗生産者 メゾン・カレ(La Maison Carree)/ヌシャテル州
  • アルテスでは右に出るものなしのスイスきっての自然派 ドメーヌ・アンリ・クルション(Domaine Henri Cruchon )/ヴォー 州

以上が有名どころであるが、藤巻氏が好きな造り手はこのほかにある。ヴァレーの生産者「ジャン-ルネ・ジェルマニエ(Jean-Rene Germanier)」のワインとの出合いから、藤巻氏のスイスワイン遍歴は始まっているのだそうだ。

 

5. 地下セラーで発掘したスイスワインたち10選

以下はセラーから持ち出された偏愛ワイン。藤巻氏の好みでセラー入りしたこれらは産地や品種、造り手もさまざまで、スイスワインらしい特徴のあるものばかり。品質と味わいが素晴らしいだけでなく、「これを飲めばスイスワインのトレンドがわかる!」というラインナップで、このままワイン専門誌に特集として売り込みたいくらいである。一部希少なものもあるがほとんどは正規輸入元から購入できるアイテムで、価格もアクセシブルなものばかり。ぜひチェックしていただきたい。

 

1. 清らかで上品なヴァレーの固有品種
プティット・アルヴァン 2018 / ジャン-ルネ・ジェルマニエ
Petite Arvine 2018 / Jean-Rene Germanier
生産地域:ヴァレー州 AOC Valais
品種:プティット・アルヴァン100%

藤巻氏がこよなく愛する生産者。ファンダン(=シャスラ)も評価が高いが、ヴァレーの固有品種のプティット・アルヴァンがお気に入り。清楚な白い花のアロマ、緻密でなめらかな酸が美しく、透明感に溢れる清らかな味わい。エレガントな佇まいが、ローヌ渓谷に咲く凛としたサフランの花を思わせる。

全房で発酵、部分的にMLFを行って酸を保ちつつなめらかさを実現。アルコール度数14.3%のしっかりした飲みごたえ。
(輸入元:やまきゅういちスイスワイン

 

2. 蜂2つのマイルドな甘口ワイン
アミーニュ・ド・ヴェトロ・ドゥ・ザベイユ 2018 / ジャン-ルネ・ジェルマニエ
Amigne de Vetroz 2 abeilles 2018 / Jean-Rene Germanier
生産地域:ヴァレー州 AOC Valais
品種:アミーニュ100%

遅摘みに向くヴァレー原産の品種アミーニュを使い、パスリヤージュで甘口に仕上げたヴェトロ地区の伝統的なワイン。6月に行われたソムリエ協会主催フォローアップセミナーでも紹介されたので見覚えのある人もいるだろう。2005年より蜂のロゴで残糖量を表すようになり、
🐝 1蜂 残糖0〜8g/ℓ
🐝🐝 2蜂 残糖9〜25g/ℓ
🐝🐝🐝 3蜂 残糖25+g/ℓ
という意味。
このワインは2蜂で微甘口。ほんのりとした優しい甘みがみりんを思わせ、煮っころがしが食べたくなる。オーストラリアワインとはまた違う和食に合う感じがある。
(輸入元:やまきゅういちスイスワイン

 

3. 新進気鋭の生産者によるホワイトブレンド
サンペロ・ブラン / クロ・ド・サンペロ
Tsampéhro Edition Ⅷ 2018 / Clos de Tsampéhro
生産地域:ヴァレー州 AOC Valais
品種:アイダ(Heida≒サバニャン・ブラン)52%、レーズ(Reze)48%

30歳の女性当主ジョアンナ・ダイエによる新進のワイナリー。自らのワイン造りのほかにオーガニック認証団体にも関与して有機栽培を推奨したり、世界最優秀ソムリエのマルク・アルメルトと組んでスイスの若手生産者のコンペティションを開催するなど多方面にわたり活動を行う。

ワインは全房で仕込みバリックで発酵、MLFなし。アタックはふくよかだがバランスがよく、味わいが伸びやかに広がる。焼いたり蒸したりした魚と合いそうだ。
(輸入元:やまきゅういちスイスワイン

 

4. 探してでも飲みたい著名生産者の貴腐ワイン
グラン・ノーブル 2016 / マリー・テレーズ・シャパーズ(500ml)
Grain Noble 2016 / Marie-Therese Chappaz
生産地:ヴァレー州 フュリィ
品種:プティット・アルヴァン100%

スイスのトップ生産者として必ず名前が挙がるビオディナミの生産者、マリー・テレーズ・シャパーズの貴腐ワイン。500mlで約16,000円するのだがあまりのおいしさに東急本店にも入れたところ、そのハイエンドな価格にも関わらず飛ぶような売れ行きだそう。「びっくりするほどの味なんです、これは飲んだ人にしかわからない」。

しかしもう東急本店にも輸入元にも残りわずかのようだ。スイスに行ける日を待つか、入荷を待つか。Petite Arvine Grain par Grain 2014はワイン・アドヴォケイトで99点を獲得している。
(輸入元:ヴァンクロス

 

5. 特一級に認定された銘醸畑のシャスラ
シャトー・ラ・バティ プルミエ・グラン・クリュ 2018
Chateau La Batie 1er Grand Cru 2018
生産地:ヴォー州 ラ・コート AOC La Cote
品種:シャスラ100%

プルミエ・グラン・クリュ=特一級を名乗れる数少ないドメーヌのひとつで1245年からの歴史をもつ老舗。現当主で6代目のローラが栽培、醸造ともにナチュラルな方向にシフト。彼女の祖父はクローン研究で知られた人物だそう。

上質なフレグランスのように秘めた華やかさを湛え、凝縮感があり蜜のニュアンスをもつコンセントレートされた味わい。シャスラのスリムなイメージとは一線を画す。上品な出汁や白みそにも合いそうで、サワラの西京焼きなんてぴったり。
(輸入元:やまきゅういちスイスワイン

 

6. スイスワインといえばこのロゼ
ウイユ・ド・ペルドリ2018 / ドメーヌ・クロワ・デュプレ
OEil-de-Perdrix 2018 / Domaine Croix Duplex
生産地:ヴォー州 ラヴォー AOC Bonvillars
品種:ピノ・ノワール100%

スイスワインといえば外せないのが、その色合いから「ヤマウズラの目」という名が付けられたこのロゼ。ピノ・ノワールのみをダイレクトプレスして淡く美しい色に仕上げたものでヌーシャテル地方が発祥。

フレッシュな赤系ベリーやかすかにピンクペッパー、酸が美しくひっかかるところのない好ましい雰囲気のロゼ。料理との相性は幅広いが、あんかけのお椀や赤みそを使った田楽なんかがぴったり。
(輸入元:やまきゅういちスイスワイン

 

7. シャスラのイメージが翻る飲みごたえ
ヌーシャテル ブラン 2017 / ヴァン・ケラー
Neuchâtel 2017 / Vins Keller
生産地:ヌーシャテル Neuchâtel AOC
品種:シャスラ100%
ボリス・ケラーのその家族によるワイナリーで、21haの畑からクオリティワインを生み出す。白ブドウはシャスラを中心にシャルドネ、ヴィオニエ、ソーヴィニヨン・ブラン、ピノ・グリ、黒ブドウはピノ・ノワール、メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨンのほかガマレやガラ・ノワールなどハイブリッドも。ブレンドも得意とする。

この白はシャスラのみ、低温発酵なのか吟醸酒やみりんのニュアンスもあり、グリップの効いたテクスチャー。和食全般的に合いそうな深淵で上品な印象。
(輸入元:ヌシャテラ

 

8. クローン研究に取り組む注目の若手生産者
ブレ グラン・クリュ 2017 / ドメーヌ ラ・コロンブ
Brez Grand Cru 2017 / La Colombe
地域:ヴォー州 ラ・コート AOC La Cote

注目の若手生産者。1999年からビオディナミに転換したシャスラとピノ・ノワールの生産者。スイスを代表する造り手として知られたレイモンド・パコが2018年に娘のラウラに当主を譲り、現在も家族経営を行う。ラウラはシャスラのクローン研究のプロジェクトにも参加し、優れたクローンの選抜と保存に取り組む。

このワインはフェシー村の単一畑ブレのシャスラを使用し、シュールリーで熟成。白い花の芳しいアロマに、生き生きとした酸と塩味、柔らかな果実味は、ずっと飲み続けていたくなるような穏やかな幸福を誘う。
(輸入元:岸本

 

9. メルロの産地ティチーノならではの(ほぼ)ブラン・ド・ノワール
カナ 2020 / セッテマッジオ
Cana 2020 / Settemaggio
生産地:ティチーノ州
品種:メルロ、ソーヴィニョン・ソイエール

イタリア語圏のティチーノは栽培品種の80%がメルロで、白もメルロで造る。これはメルロにソーヴィニヨン・ソイエール(ソーヴィニヨン・ブランとヤマブドウ系品種のハイブリッド)をブレンド。除梗粉砕をせずにソフトプレスして透明なマストを抽出し、低温発酵。

フレッシュながら厚みのある味わいでメルロのニュアンスを感じる。本みりんの風味もありペアリングもさまざまなに考えらえるが、これ単体で飲むのも楽しい。「深夜に考えごとしながら飲みたい」(藤巻氏)。
(輸入元:ヘルベティカ

 

10. 奇才バレンティン・シーズが手がけるハイブリッド「ガマレ」
イェニンサー2016 / ヴィニグマ
Jeninser 2016 / vinigma
地域:グラウビュンデン州 イェニンス AOC Jeninser
品種:ガマレ100%

ヴィニグマはスイスの名造り手として名が挙がるバレンティン・シーズ(Valentin Schiess)のチームワイナリー。オレゴンでビオディナミを実践するケリー・フォックスともタッグを組み、高品質でスイスらしい個性を生かしたワイン造りに取り組む。

ガマレはガメイとライヘンシュタイナー(スイス固有種)の交配品種で、酸とタンニンをバランスよくもち合わせる黒ブドウ。このガマレを数週間陰干しして仕込み、新樽30%、スイスオークの古樽70%で熟成、テイスティングを繰り返して瓶詰めされる。しっかりとした造りが楽しめるハイブリッド。
(輸入元:ヘルベティカ

 

6. 今回のお宝ワイン

プティット・アルヴァン 1998 / ジャン-ルネ・ジェルマニエ
Petite Arvine 1998 / Jean-Rene Germanier

藤巻氏がスイスに傾倒するきっかけとなったワイン。「やばい!」と思いこれを大量に買
い、残り数本。多くの国がそうであるようにスイスでも熟成させるという概念があまりな
いらしく、20年以上経ったものを所有している人は、スイスにもあまりいないのではない
だろうか。

「いま飲むと、当時のフレッシュな感じはなくなってはいるものの、20年以上の時を経て
なお品質が落ちてはいない。マルメロやメロンのような果実の落ち着いた香りにセイボリ
ーさが加わり、舌の上で円みが楽しめるワインへと進化している。

そもそも、このワインをここまで熟せさせようとする人は少ないかもしれない。しかし時
間が経過して改めてわかるポテンシャルの高さを感じてならない」。

なかなかお目にかかれないスイスワイン。しかし藤巻氏がいうには「現在スイスではコストパフォーマンスのよい輸入ワインが次々と入ってきていて、スイス国内で生産されるワインが割高に思われる傾向にある。劣勢なものだから、スイスは今すごくワインを輸出したがってるんですよ。中でも日本はプロモーション重点国らしいんです」……。それはチャンス。

歴史ある生産者が堅固な造りを守りながら、新進気鋭のワイナリーが続々登場し、ユニークな固有品種にも注目されているスイス。今こそ、スイスワインに目をつけておくべきときなのである。

藤巻 暁/Akira Fujimaki
J.S.A.認定ソムリエ・エクセレンス、アカデミー・デュ・ヴァン講師。現在は東急百貨店本店和洋酒売場にてワインのセレクトやアドバイスを行いつつ、ワインに関するコンサルティングやセミナー講師など幅広く活動。あらゆる産地や生産者の幅広い知識と長年にわたる現場での経験、多岐にわたるネットワークと考察をもち、飲料・飲食業界やメディアでの信頼、信望も厚い。日に何度も呼ばれるclubhouseの出演に相変わらず忙しい日々。

 

谷 宏美/Hiromi Tani
ワインライター/エディター。ファッション誌の美容エディターを経てフリーランスに。夫とやっているワインバーは禁酒法発令によりまたもや休業(2021年9月初旬執筆時)。日本の産地では収穫が始まっているが原稿に追われて出かけられず、悶々としながらPCに向かう。

 

豊かな人生を、ワインとともに

(ワインスクール無料体験のご案内)

世界的に高名なワイン評論家スティーヴン・スパリュアはパリで1972年にワインスクールを立ち上げました。そのスタイルを受け継ぎ、1987年、日本初のワインスクールとしてアカデミー・デュ・ヴァンが開校しました。

シーズンごとに開講されるワインの講座数は150以上。初心者からプロフェッショナルまで、ワインや酒、食文化の好奇心を満たす多彩な講座をご用意しています。

ワインスクール
アカデミー・デュ・ヴァン