SAKE DIPLOMA(酒ディプロマ)とは?資格を取って日本酒のプロになろう

酒ディプロマとは?SAKE DIPLOMAとは?

「SAKE DIPLOMA(酒ディプロマ)」という資格を知っていますか?

「酒」というのは酒類すべてということではありません。
英語では日本酒のことを“sake”や“rice wine”などと呼びます。

つまり、日本酒の資格というわけです。

仕事の関係で、あるいは趣味のために日本酒について勉強したいという方は少なくないでしょう。

特に日本酒の販売や提供をする方であれば、こうした勉強は欠かせません。

たとえ趣味の方の場合でも、どの日本酒がどの料理に合うのかといったことを知ることができ、日々の生活を向上させることができるはずです。

あるいは、取引先の方や同僚、友人と居酒屋でお酒を飲むときなどに話のネタにすることもできます。

そこで、日本酒について本気で勉強したいという方におすすめするのが、この「SAKE DIPLOMA(酒ディプロマ)」という資格

ここでは「SAKE DIPLOMA(酒ディプロマ)」について詳しく紹介します。


【目次】


SAKE DIPLOMA(酒ディプロマ)とは

酒ディプロマとは,SAKE DIPLOMAとは

SAKE DIPLOMA(酒ディプロマ)とは、一般社団法人日本ソムリエ協会(J.S.A.)が認定しているものです。

日本ソムリエ協会の会長は、世界的に有名なソムリエの田崎真也さんが務めています。

田崎さんが会長になってから日本の伝統的な食文化にもフォーカスを当て、日本酒や焼酎にまつわる資格制度が作られました。

この日本酒にまつわる資格として、2017年からSAKE DIPLOMA(酒ディプロマ)が始まったのです。

まだ誕生して間もない資格ですが、2018年にはロンドンで英語による国際資格「SAKE DIPLOMA INTERNATIONAL」の試験も開催されました。

世界的に急速に波及しつつある「SAKE DIPLOMA(酒ディプロマ)」。
今後も資格試験の開催国を増やしていくそうです。

この資格は何日か勉強すれば取れるような簡単なものではありません。

ソムリエ試験に受験したことのある方、ソムリエ試験の勉強をした方ならお分かりのように、広く深い知識が必要になりますので、数日勉強するだけでは太刀打ちできないということには留意しておいてください。

しかし、難易度が高いからこそ日本酒について広く深い知識、品質を見極める技術、アドバイスに使える説明力を身につけることができるのです。

SAKE DIPLOMA(酒ディプロマ)の受験について

酒ディプロマとは,SAKE DIPLOMAとは

SAKE DIPLOMA(酒ディプロマ)の概要に触れたところで、次に受験についてです。

ここでは、「受験資格」、「申込みから資格取得までの流れ」、「出題分野・内容」、「出題例」、「費用」の観点からSAKE DIPLOMA(酒ディプロマ)について解説していきます。

SAKE DIPLOMA(酒ディプロマ)「受験資格」

受験資格は1つ。
それは受験の日(1次試験日)に満20歳以上になっていることだけです。

バーや居酒屋など、日本酒にまつわる仕事をしていなくてもSAKE DIPLOMA(酒ディプロマ)の資格を取ることができます。

SAKE DIPLOMA(酒ディプロマ)「申込みから資格取得までの流れ」

申込みから資格取得までの流れは以下の通りです。

<申込みから資格取得までの流れ>

  1. 一般社団法人日本ソムリエ協会(J.S.A.)のホームページにアクセスする
  2. 募集要項の内容を確認する
  3. 出願フォームに必要情報を入力する
  4. 支払いをする(※同時に一般社団法人日本ソムリエ協会への入会手続きも可能)
  5. 協会から「教本」と「会場予約ID・パスワード」が送られてくる
  6. 一次試験日時・会場をインターネットから予約する
  7. 認定試験(一次)を受験する
  8. 一次試験に合格すると、二次試験の受験票が送られてくる
  9. 認定試験(二次)を受験する
  10. 二次試験に合格したら認定登録の手続きをする

一次試験から受験する場合に注意すべき点が、申込みをした後に日時・会場を選んで予約するところです。

試験会場は、一次試験の場合は全国47都道府県内に指定されたところ(約200会場)、二次試験の場合は札幌・盛岡・仙台・東京・長野・金沢・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・高松・福岡・鹿児島・沖縄のいずれかから選択します。

SAKE DIPLOMA(酒ディプロマ)「試験内容」

・一次試験

一次試験はコンピューターで解答する「CBT 方式」となり、合否は画面上での即時発表されます。60分の試験時間が与えられます。

問題は、申込み後に協会から送られてくる教本(J.S.A. SAKE DIPLOMA)から出題されます。

教本には、原材料や醸造方法、醸造過程が解説されているだけでなく、各国の食事(日本,フランス,イタリア,スペイン,中国など)別に、相性の良い日本酒の種類や提供温度等も説明されています。

とにかく広く解説されていますので、しっかりと読み込んでおきましょう。

・二次試験

二次試験の問題形式は、テイスティング30分と論述試験20分となります。

ここでは、日本酒の提供・販売における実践的なスキルが求められます。

仮に二次試験を通過できなかったとしても、一次試験を合格していれば、一次試験は一定期間免除されますので、その間に二次試験のみの再試験が可能です。

ちなみに試験要綱は毎年変更する可能性がありますので、詳細は日本ソムリエ協会(J.S.A.)にご確認ください。

SAKE DIPLOMA(酒ディプロマ)「出題例」

具体的に、どのような問題が出題されるのか気になりますよね。

そこで、SAKE DIPLOMA(酒ディプロマ)の一次試験に出題される問題を3つ紹介します。

【問題1】一般的に瓶詰前に加水することにより15%程度までアルコール分を落とし、日本酒らしさを失わずかつ飲みやすくする工程として適当なものは何か、次の中から1つ選び解答欄にマークしてください。

  1. 割り水
  2. おい水
  3. 汲みかけ
  4. 水切り

 

【問題2】日本酒造りで用いられる、比重の単位を選びなさい。

  1. デキストリン
  2. ラティック
  3. ボーメ
  4. エステル

 

【問題3】上方から「下り酒」と尊ばれ、一大酒造地として繁栄した場所を1つ選び解答欄にマークしてください。

  1. 広島
  2. 伏見
  3. 宮城

 

答え……
【問題1】①割り水、【問題2】③ボーメ、【問題3】③灘

いかがでしょう。3問中正解はいくつありましたか?

まだ何も勉強していない状態であれば、当然解けない問題だと思います。

しかし、申込みをして教本を丁寧に読み込んでいけば、こうした問題も解けるようになっていくでしょう。

SAKE DIPLOMA(酒ディプロマ)「費用」

*下記は2020年度の場合。受験料等は変更になる場合があります。

SAKE DIPLOMA(酒ディプロマ)の資格取得にかかる費用です。

「一次試験から受験する場合」と「二次試験から受験する場合」、それから「合格後にかかる費用」に分けて紹介していきます。

また、受験料は協会の会員かどうかで金額が変わってきます。

■一次試験から受験する場合

一次試験は2回まで受験することができます。

予め2回分の申込みをすれば金額が安くなりますので、一次試験に自信がない場合にはこちらの方法がおすすめです。

一次試験からの受験料(税込金額)
1回受験 2回受験
正会員 20.380円 25,220円
一 般 29,600円 34,440円

また、申込みと同時に協会に入会すれば、入会金が半額、受験料も会員価格となります。

同時入会の場合には、入会月によって金額が変わります。以下の価格は入会金・年会費・受験料を含めた金額です。

入会費用+一次試験からの受験料(税込金額)
1回受験 2回受験
3月入会 37,880円 42,720円
4月入会 36,630円 41,470円
5月入会 35,380円 40,220円
6月入会 34,130円 38,970円
7月入会 32,880円 37,720円

 

■二次試験から受験する場合

一次試験に合格して、二次試験を通過できなかった場合には一定期間(数年間※)は一次試験が免除されます。こうした場合には二次試験からの受験となります。

二次試験からの受験料(税込金額)
二次試験受験料
正会員 7,300円
一 般 14,210円

また、一次試験と同様に二次試験でも、申込みと同時に協会に入会すれば、入会金が半額、受験料も会員価格になります。

同時入会の場合には入会月によって金額が変わります。以下の価格は入会金・年会費・受験料を含めた金額となります。

入会費用+二次試験からの受験料(税込金額)
入会費用+二次試験受験料
3月入会 24,800円
4月入会 23,550円
5月入会 22,300円
6月入会 21,050円
7月入会 19,800円

 

■合格後にかかる費用

合格後は一般社団法人日本ソムリエ協会に入会することが義務となっており、入会には入会金と年会費がかかります。

入会金……10,000円
年会費……15,000円
※入会年の4月1日の段階で27歳以下だと入会金・初年度の年会費は無料となります。

以上、SAKE DIPLOMA(酒ディプロマ)試験の概要と、受験資格や出題例など受験について紹介しました。

まとめ

SAKE DIPLOMA(酒ディプロマ)は、日本酒について広く深く知るには最適の資格と言っても過言ではないでしょう。

この資格のために勉強することで、海外に誇る日本文化の日本酒に関する知識を深めていってみてはいかがでしょうか。

SAKE DIPLOMA(酒ディプロマ)受験対策講座

SAKE DIPLOMA(酒ディプロマ)資格に挑戦したいという方は、アカデミー・デュ・ヴァンのSAKE DIPLOMA(酒ディプロマ)受験対策講座をご検討ください。
オンラインで受講できるライブ配信講座、ご自身のペースで学習できるオンラインアカデミーもご用意しています。

>>>「自宅で受講」ライブ配信講座(4月開講) >>>「隙間時間で学習」オンラインアカデミー

 

「J.S.A. SAKE DIPLOMA認定試験」の攻略ポイントや
アカデミー・デュ・ヴァンの講座概要が分かる資料(無料送付)

J.S.A. SAKE DIPLOMA認定試験について詳しく知りたい方にのために、
試験の詳しい情報がわかる資料をご用意しています。
基本情報(学習のポイント含む)、スケジュールなど試験合格に向けた情報をお届けします。
アカデミー・デュ・ヴァンの「J.S.A.試験関連の講座」の案内も掲載しておりますので、
ご自身の課題に応じてご検討ください。

 

アカデミー・デュ・ヴァンでは、Sake Diploma関連講座の無料説明会を開催しています。個別でのご相談も承っておりますので、お電話・メールでお気軽にご連絡ください。

 

SAKE DIPLOMA(酒ディプロマ)のほかにも日本酒にまつわる資格はあります。

興味のある方はこちらの「日本酒ソムリエになるにはどうしたらいい?おすすめの日本酒資格3選!」をご覧ください。

酒ディプロマとは?SAKE DIPLOMAとは?

豊かな人生を、ワインとともに

(ワインスクール無料体験のご案内)

世界的に高名なワイン評論家スティーヴン・スパリュアはパリで1972年にワインスクールを立ち上げました。そのスタイルを受け継ぎ、1987年、日本初のワインスクールとしてアカデミー・デュ・ヴァンが開校しました。

シーズンごとに開講されるワインの講座数は150以上。初心者からプロフェッショナルまで、ワインや酒、食文化の好奇心を満たす多彩な講座をご用意しています。

ワインスクール
アカデミー・デュ・ヴァン