ワイン資格対策

あなたの課題や弱点にあわせた、
講座ラインナップで2018年度の合格を後押し!

三次対策講座
募集受付中

三次対策講座

本講座では、三次試験で課せられるサービス実技試験対策のトレーニングを行う「一回完結型」の講座で、「基礎編」と「実践編」の2種類があります。

基礎編

サービス経験が少ない、過去にサービス実技の対策講座を受けていない、など基本動作に不安がある初心者向けの内容です。理論と実践、そしてフィードバックを通じ、個別の動作をきちんと行えるレベルになります。

講座の流れ
1.三次試験本番試験の説明
2.サービスの流れを口頭で説明
3.個々の動作を講師がデモンストレーションしながら解説
4.個々の動作を二人一組で練習

実践編

サービスの流れを理解していること、個々の動作はきちんと行えることを前提に、一連の動作をスムーズかつ時間内に終了できるよう超実践型の練習を行います。

講座の流れ
1.三次試験本番試験の説明
2.サービスの流れを口頭で説明
3.フルサービスを講師がデモンストレーション
4.フルサービスを二人一組で練習
5.本番形式の演習(教室前方に3~5人ほど、出て受講生の前で同時に実演。見学者は採点をする)
J.S.A.第三次試験対策講座<基礎編>
三次対策講座

J.S.A.第三次試験対策講座<基礎編>

受講料(会員)
6,480円(税込)
受講料(一般)
7,560円(税込)
講師
クラスにより担当講師が異なります
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
J.S.A.第三次試験対策講座<実践編>
三次対策講座

J.S.A.第三次試験対策講座<実践編>

受講料(会員)
6,480円(税込)
受講料(一般)
7,560円(税込)
講師
クラスにより担当講師が異なります
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

二次対策講座※2018年度の申込は終了いたしました。

まずは「基本6品種」の特徴を理解する、その上で、「産地による違い」や、「6品種以外」の品種の特徴を理解することが重要です。
またその過程の中で、主観的なワインの評価表現から、協会の定めるワイン評価の表現を身につけていってください。
講座を選ぶ際は、ご自身がつまづいているポイントを考慮しながら、選ぶことをおすすめします。

三次対策講座

本講座では、三次試験で課せられるサービス実技試験対策のトレーニングを行う「一回完結型」の講座で、「基礎編」と「実践編」の2種類があります。

基礎編

サービス経験が少ない、過去にサービス実技の対策講座を受けていない、など基本動作に不安がある初心者向けの内容です。理論と実践、そしてフィードバックを通じ、個別の動作をきちんと行えるレベルになります。

講座の流れ
1.三次試験本番試験の説明
2.サービスの流れを口頭で説明
3.個々の動作を講師がデモンストレーションしながら解説
4.個々の動作を二人一組で練習

実践編

サービスの流れを理解していること、個々の動作はきちんと行えることを前提に、一連の動作をスムーズかつ時間内に終了できるよう超実践型の練習を行います。

講座の流れ
1.三次試験本番試験の説明
2.サービスの流れを口頭で説明
3.フルサービスを講師がデモンストレーション
4.フルサービスを二人一組で練習
5.本番形式の演習(教室前方に3~5人ほど、出て受講生の前で同時に実演。見学者は採点をする)
2018年度 JSAソムリエ認定試験三次試験対策講座 ①基礎から徹底指導(2時間コース)
三次対策講座

2018年度 JSAソムリエ認定試験三次試験対策講座
①基礎から徹底指導(2時間コース)

受講料(会員)
10,800円(税込)
受講料(一般)
12,960円(税込)
講師
藤次洋貴
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
2018年度 JSAソムリエ認定試験三次試験対策講座 ②本番直前・実践トレーニング(1時間コース)
三次対策講座

2018年度 JSAソムリエ認定試験三次試験対策講座
②本番直前・実践トレーニング(1時間コース)

受講料(会員)
5,400円(税込)
受講料(一般)
6,480円(税込)
講師
藤次洋貴
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

二次対策講座※2018年度の申込は終了いたしました。

まずは「基本6品種」の特徴を理解する、その上で、「産地による違い」や、「6品種以外」の品種の特徴を理解することが重要です。
またその過程の中で、主観的なワインの評価表現から、協会の定めるワイン評価の表現を身につけていってください。
講座を選ぶ際は、ご自身がつまづいているポイントを考慮しながら、選ぶことをおすすめします。

三次対策講座

本講座では、三次試験で課せられるサービス実技試験対策のトレーニングを行う「一回完結型」の講座で、「基礎編」と「実践編」の2種類があります。

基礎編

サービス経験が少ない、過去にサービス実技の対策講座を受けていない、など基本動作に不安がある初心者向けの内容です。理論と実践、そしてフィードバックを通じ、個別の動作をきちんと行えるレベルになります。

講座の流れ
1.三次試験本番試験の説明
2.サービスの流れを口頭で説明
3.個々の動作を講師がデモンストレーションしながら解説
4.個々の動作を二人一組で練習

実践編

サービスの流れを理解していること、個々の動作はきちんと行えることを前提に、一連の動作をスムーズかつ時間内に終了できるよう超実践型の練習を行います。

講座の流れ
1.三次試験本番試験の説明
2.サービスの流れを口頭で説明
3.フルサービスを講師がデモンストレーション
4.フルサービスを二人一組で練習
5.本番形式の演習(教室前方に3~5人ほど、出て受講生の前で同時に実演。見学者は採点をする)
J.S.A.第三次試験対策講座<基礎編>
三次対策講座

J.S.A.第三次試験対策講座<基礎編>

受講料(会員)
6,480円(税込)
受講料(一般)
7,560円(税込)
講師
クラスにより担当講師が異なります
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
J.S.A.第三次試験対策講座<実践編>
三次対策講座

J.S.A.第三次試験対策講座<実践編>

受講料(会員)
6,480円(税込)
受講料(一般)
7,560円(税込)
講師
クラスにより担当講師が異なります
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

二次対策講座※2018年度の申込は終了いたしました。

まずは「基本6品種」の特徴を理解する、その上で、「産地による違い」や、「6品種以外」の品種の特徴を理解することが重要です。
またその過程の中で、主観的なワインの評価表現から、協会の定めるワイン評価の表現を身につけていってください。
講座を選ぶ際は、ご自身がつまづいているポイントを考慮しながら、選ぶことをおすすめします。