N012
 

日本酒・焼酎コース

日本の「コート・ドール」、山田錦「特A-a地区」の酒を比較テイスティングする

会場 青山校
受講期間 全1回修了
登録料 新規 5,400税込
更新 2,160税込
受講料 12,960税込
お支払い方法 クレジットカード、銀行振込
振替制度 なし
催行決定日
2019年 05月 31日 (金)

振替制度とは?教育訓練給付制度とは?

クラスを選ぶ 日程のご確認や申込み手続きができます

クラス名
6/7(金) 19:00~21:00 担当講師:小森真幸 催行決定
募集中
詳細

講座の説明

山田錦は「酒米の王様」と呼ばれていますが、その中でも兵庫県の六甲山地の裏手に広がる「特A地区」は、全国随一の山田錦の産地で、収穫米は全国の酒蔵に出荷され鑑評会出品酒などに使われています。その中でも丘陵地の稲田はランクの高いA-a地区に設定されており、ブルゴーニュの「コート・ドール」の「グランクリュ(特級畑)」の趣のある地域です。
今回は、特A-a地区の異なる5つの村落「秋津」「米田」「上三草」「上東条」「奥吉川」の山田錦で醸した高精白の純米大吟醸を比較テイスティングします。これらの稲田はそれぞれ標高や土壌が異なり、それが香味に影響を与えています。醸造元の「本田商店」は「龍力」のブランドで知られ、山田錦を栽培する観点から長年にわたって土壌の研究をしてきた実績があります。この研究の成果を踏まえてテイスティングを楽しみましょう。
2018年に改定された唎酒師のテキスト『新訂日本酒の基』の編集に携わった酒サイエンスライター(元朝日新聞科学部記者)の小森真幸が務めます。
PAGE TOP