T112
募集終了 

特別セミナー

アルザス・ピノ・ノワールのこれまで、これから。

会場 青山校
受講期間 全1回修了
登録料 新規 5,400税込
更新 2,160税込
受講料 12,960税込
お支払い方法 クレジットカード
振替制度 なし
催行決定日
2019年 06月 11日 (火)

振替制度とは?教育訓練給付制度とは?

クラスを選ぶ 日程のご確認や申込み手続きができます

クラス名
6/18(火) 19:00~21:00 担当講師:林寛
募集終了

講座の説明

「世界のピノ・ノアール飲み比べ」はよくありますが、フランス代表はいつもブルゴーニュ…当たり前ですよね、30年前だったら。まぁアルザスのピノ・ノアールがフランス代表に選ばれることなんて、この先100年たってもあり得ない…なんて思っていたらこの温暖化。100年たったらあるかも?!なんて驚きのピノ・ノアールを生み出す生産者もちらほら。グラン・クリュ の制定ももうすぐ。戦後植えられた多くのリースリングのヴィエイユ・ヴィーニュが役目を終え、世代も戦後3〜4代目の若きヴィニュロン達の感性で、新たなテロワールの解釈で、アルザスの様々な土壌にピノ・ノアールが植え替えられ始めています。全てが理想的な粘土石灰質に植えられてるわけじゃない、砂質あり、花崗岩あり、でもだからこそ作り手の苦労が見えるワインに仕上がってる、個性いっぱいのアルザス・ピノ・ノアールの飲み比べです!
PAGE TOP