K262
募集終了 

研究科コース

ピアノとバイオリンの生演奏とブルゴーニュの古酒

会場 青山校
受講期間 約6ヶ月 全6回修了
登録料 新規 5,400税込
更新 2,160税込
受講料 64,800税込
お支払い方法 クレジットカード
振替制度 あり(カテゴリーF)
催行決定日
2019年 04月 15日 (月)

振替制度とは?教育訓練給付制度とは?

クラスを選ぶ 日程のご確認や申込み手続きができます

クラス名
月曜日 19:00~21:00 担当講師:葉山考太郎
募集終了

講座の説明

この講座は、ご好評をいただきました「バッハの無伴奏バイオリン・ソナタとワイン」の続編です。今回は、ピアノとバイオリンの二重奏を生演奏を聴きながら、極上ワインを飲みます。演奏予定の曲目として(要は、私が好きな曲として)、『バイオリン・ソナタ第4番(バッハ)』『ソナタ第42番(モーツアルト)』『ピアノとバイオリンのための大幻想曲(シューベルト)』『スプリング・ソナタ(ベートーベン)』『バイオリンソナタ第1番(サン・サーンス)』など、いろいろです。リクエストも大歓迎いたします。
このセミナーでは、プロのバイオリニストとピアニストに、目の前で演奏していただきます。また、ワインは、ブルゴーニュの古酒を中心に、3~5種類、試飲します。3m先で聴く二重奏は、涙が出るほど大きなインパクトと臨場感があり、また、20年前にコルクを打って、表参道で初めて呼吸する古酒は、とても感動的です。
昔の皇帝陛下や王様は、夜な夜な、こんな素晴らしい生演奏を聴きながら美酒を飲んだことでしょう。そんな贅沢をご自分で経験しませんか? こんなマニアックな講座が成立するのは、パリ、ロンドン、ニューヨークと、東京だけでしょう。試飲コメントは一切なし。ただひたすら、極上の音楽とワインにどっぷり浸かる贅沢な「究極のマリアージュ」の講座です。ワインとクラシック音楽が大好きな方の参加をお待ちしています。
PAGE TOP