K216
募集終了 

研究科コース

【特別講座】ブルゴーニュ現地クルティエ(バイヤー)目線による「ブルゴーニュ丸わかり法則」と、「未来のトップ生産者選び」 

会場 名古屋校
受講期間 全3修了 全3回修了
登録料 新規 5,400税込
更新 2,160税込
受講料 64,800税込
お支払い方法 クレジットカード
振替制度 あり(カテゴリーA)
催行決定日
2018年 11月 01日 (木)

振替制度とは?教育訓練給付制度とは?

クラスを選ぶ 日程のご確認や申込み手続きができます

クラス名
木曜 19:00~21:00(11/8・1/17・3/14) 川上大介
募集終了

講座の説明

「アルマン・ルッソー」、「ド・ヴォギュエ」、「コシュ=デュリ」、「ラモネ」等、ブルゴーニュに燦然と輝くトップ生産者と20年以上に亘る親交・取引を持ち、また、当時は無名だった「ロベール・アルヌー」、「フーリエ」、「カティアール」、「ニコラ・ポテル」等々の生産者を日本に初めて紹介した事で知られる元ブルゴーニュ・クルティエ(バイヤー)にして現在、ヴァンパッシオン社の代表を務める川上大介氏による特別講座。
同氏は2000年当時まだマイナーだったレコルタン・マニピュラン(RM)のシャンパーニュを紹介した他、テロワールを体現した高額なチリのファインワインの紹介、当時は「安価なお土産ワイン」の域を出なかった勝沼において収量を落としテロワールごとの個性を持つ「国産ファインワイン」の開発・啓蒙に携わるなど、常に現場視点から日本のワイン市場に新しい価値を発信し続けてきたことで知られます。
今回は、氏が2000年から3年間を過ごした、ワインバイヤーとしての原点である「ブルゴーニュ」について、会社経営の多忙な中をぬって、3回シリーズの特別な講座を実施致します。
第一回目は、同氏考案の「ブルゴーニュ・テロワールの法則」を試飲と共に解説、受講者がお料理やオケージョンに合わせて最適個性を持つ1本を選べる内容。「地図を見るだけでブルゴーニュの畑ごとの味わいが予見できる」という「虎の巻」的な内容で、過去10年で述べ5000人以上のプロのソムリエやキャヴィストが受講した、ブルゴーニュの基本が簡単に理解できる平易かつ高度な内容です。
第二回目は、「畑の法則」と「醸造の法則」を解説、その原則を知ることで、ワインの味わいから生産者がどのような技あるいは努力を費やしたのかが理解できる内容を、試飲と共に体験します。
第三回目は、第一回目と第二回目で得た知見を元に、同氏の仕事=「未来のトップ生産者発掘」について解説、ブラインド比較試飲などを通じて、現在のブルゴーニュ高騰の中で受講者がどのような生産者のワインを選んでゆくべきかのヒントを示します。
※一部講義内容が変更となる可能性もございます。
PAGE TOP