K246
募集終了 

研究科コース

チリワインの現在を楽しむ~現地ワイナリー取材レポート

会場 青山校
受講期間 約5ヶ月 全5回修了 全5回修了
登録料 新規 5,400税込
更新 2,160税込
受講料 37,800税込
お支払い方法 クレジットカード
振替制度 あり(カテゴリーG)
催行決定日
2018年 10月 11日 (木)

振替制度とは?教育訓練給付制度とは?

クラスを選ぶ 日程のご確認や申込み手続きができます

クラス名
木曜日 19:00~21:00 岩瀬大二
募集終了

講座の説明

日本におけるワインの国別輸入先でトップシェアとなり、安旨ワインとしての評価も定着。スーパーマーケットやコンビニでもよく見かけ、親しみのあるワインとして日常のテーブルでも楽しまれているチリワイン。
一方で「面白みのない低コストワイン」、「カベルネ・ソーヴィニヨンばかりが目立っていて広がりがない」、「そもそもチリという国もよく知らない」という声も聞きます。もちろんワインの裏側にある物語にも興味が広がっているとは言い難い状況です。

しかし、2017年、3週間チリに滞在し、20以上のワイナリーを訪問し、ここで出会ったワイナリー、そしてワインは、間違って定着しつつあるチリワインのイメージを覆す発見の連続でした。かの地では実に愉快で痛快、かつ真摯なムーブメントが進み、良質な環境のもとでワイン造りが行われ、面白いワイン、上質なワインが続出しています。

今回の講座では、ワインライターとして様々な世界のワインを体感する講師が、こうした最新のチリを感じられるワインのテイスティングや、現地での取材内容を通じて、ワインそのものの解説はもちろん、そのワインを生む、チリという国の文化や風土、そして人々の情熱と笑顔、その物語を楽しんでいただきます。チリワインの本当の評価、真価。どうぞ感じてください。

【カリキュラム】
第1回:プロローグ~チリワインのまとめ
第2回:オーガニックへの取り組み
第3回:クールクライメット(冷涼)の魅力
第4回:新たなるブドウ品種への挑戦
第5回:ベルリンテイスティグの衝撃~魅惑のプレステージクラス
PAGE TOP