K078
募集終了 

研究科コース

ピノ・チャレンジ in カリフォルニア

会場 青山校
受講期間 約6ヶ月 全5回修了 全6回修了
登録料 新規 5,400税込
更新 2,160税込
受講料 84,240税込
お支払い方法 クレジットカード
振替制度 あり(カテゴリーD)
催行決定日
2018年 10月 24日 (水)

振替制度とは?教育訓練給付制度とは?

クラスを選ぶ 日程のご確認や申込み手続きができます

クラス名
水曜日 19:00~21:00 山本香奈
募集終了

講座の説明

【ピノ・ノワール好き必見!!】
進化しつづけるカリフォルニアのピノ・ノワールにだけフォーカスした講座です。高いアルコール度数にパンチのある濃い果実味のピノ・ノワールから、酸が高くて香り高く、果実とのバランスがとても良いエレガントなピノ・ノワールまで、今、カリフォルニアのピノノワールが面白い!!
最近、カリフォルニアのピノ・ノワールといっても、そのスタイルは実に多様で、テロワールを大切に造る生産者が多くなっています。北のアンダーソンヴァレーから南のサンタバーバラ地区までは約770キロ。この広大なエリアで造られるピノ・ノワールの数々を、6つのAVAごとに北から南へ徹底的に飲み比べてみましょう。同じAVAの中でもその畑が霧の上なのか下なのか、冷たい風の通り道にある畑のピノ・ノワールの味わいって? 果実味たっぷりの濃いピノ・ノワールもあるけれど、それだけじゃない!新しい発見がきっとあなたを驚かせることでしょう。
優良産地ごとの気候の違いはもちろん、土壌、クローンの選定、醸造スタイル……などなどを紐解きながら、『カリフォルニアのピノ・ノワールの過去、現在、そして未来』に迫ります。
カリフォルニアの有名ワインショップに6年勤めながら(在住8年)、沢山の生産者とワインを酌み交わしてはワインへの情熱を朝までとことん語り、毎年現地へも訪問し、裏話も色々聞いてきた講師が、現場目線で現地の空気を皆様に伝えます。

【カリキュラム】
第1回:【ピノ・ノワール in アンダーソン・ヴァレー】カリフォルニアワインの名産地としては最北の地。アルコール度数が高く、完熟した果実味に富んだスタイルではなく、エレガントで複雑なニュアンスのあるピノ・ノワールを求めた時に、素晴らしい産地として注目しなければならないのがここアンダーソン・ヴァレーです。 
第2回:【ピノ・ノワール in ソノマ・コースト】海岸線にとても近く、大変冷涼な地。標高の高いところは霧が届かずブドウ畑は霧の上。その景色は圧巻です。そして、そのことがワインにどんな影響を与えているのか、面白い発見がありますよ。
第3回:【ピノ・ノワール in ロシアン・リヴァー・ヴァレー】広いソノマの中でも少し内陸に位置するロシアン・リヴァー・ヴァレー。昼間は確かにとても暑くなるけれど、ここでも素晴らしいピノ・ノワールが出来上がる。その秘密は・・・?
第4回:【ピノ・ノワール in カーネロス】最近は、ソノマ・コーストやサンタ・バーバラなどの人気に押され気味なカーネロスは、アメリカで初めてAVAが制定された年に認定を受けたAVA第一号なのです。底力をたっぷりと味わいましょう。
第5回:【ピノ・ノワール in サンタルチア・ハイランズ】「泣く子も黙る」?と言われるピゾーニの畑をはじめ、数々の素晴らしいピノ・ノワールを輩出していると世界でも注目を浴びました。ピゾーニの畑の生産者違いの比較をブラインドでみてみましょう。カリフォルニアのDRC。。。なんて騒がれていたこと、あなたは賛成?それとも反対?
第6回:【ピノ・ノワール in サンタ・バーバラ】カリフォルニアのピノ・ノワール産地としては一番南のこのエリア。太陽を燦々と浴びながらも、酸のしっかりとした、とてもバランスのよいピノ・ノワールが造られています。広いこのエリアには3つのAVAが存在するのですが、その3つを整理して味わっていきましょう。
PAGE TOP