K240
募集終了 

研究科コース

カリフォルニアの名門ワイナリー

会場 青山校
受講期間 約6ヶ月 全5回修了 全6回修了
登録料 新規 5,400税込
更新 2,160税込
受講料 81,000税込
お支払い方法 クレジットカード
振替制度 あり(カテゴリーE)
催行決定日
2018年 10月 17日 (水)

振替制度とは?教育訓練給付制度とは?

クラスを選ぶ 日程のご確認や申込み手続きができます

クラス名
水曜日 19:00~21:00 松原敦(アンディ)
募集終了

講座の説明

新しいワイナリーが続々登場するカリフォルニア。その中でもすばらしいワインを何十年も作り続けている名門のワイナリーがあります。例えばロバート・モンダヴィ。「カリフォルニアワインの父」と呼ばれるモンダヴィは、ナパの中でも誰もが最高だと称える畑「トカロン」を持っています。この講座ではそういったワイナリーの歴史や地理を学びながらワインを味わっていきます。これからカリフォルニアワインを知りたいと思っている人は、本講座を受けるだけでカリフォルニアワインの基本はマスターし、中級者になったと言えるでしょう。また、カリフォルニアワインに詳しい人でも、意外と「あ、このワイナリー名前はよく知っているけどあまり飲んだことなかった」ということもあるかもしれません。
さらに、講座ではこれらの名門から派生してできたワイナリーもカバーしていきます。例えばシャルドネとピノ・ノワールの名門「キスラー」を作ったスティーブ・キスラーが、今夢中になって取り組んでいる「オキシデンタル」など。試飲するワインの中には入手困難なワインもありますよ!
講師はワインサイト「カリフォルニアワインの玄関口」を19年間続けている国内屈指のカリフォルニアワイン通。サイトに掲載しているワイナリーの数は300以上。現在もほぼ毎日更新を続けており、その情報の詳しさは現地の人からも驚かれるほど。今回は、その講師が自分で「飲みたい」と思うワイナリーとワインを選びました。ワインでがっかりはさせませんよ。楽しく美味しいワインを試飲しながらカリフォルニアワインに詳しくなりましょう。なお、ワインの知識は主要品種の名前を知っているくらいで十分です。カリフォルニアワインのファンが一人でも増えることを期待しています!

【カリキュラム】
第1回:カリフォルニアを世界の一流にした「ロバート・モンダヴィ」とその一族
カリフォルニアワインがまだ世界に知られていないころ、「ナパを名だたる産地にする」と宣言して立ち上がったのがロバート・モンダヴィでした。息子のティム・モンダヴィが作る「コンティニュアム」のワインも試飲予定です。

第2回:パリ・テイスティングの1位コンビ「スタッグス・リープ・ワイン・セラーズ」「シャトー・モンテリーナ」
カリフォルニアワインを世界のワインシーンで注目される存在にしたきっかけが1976年のパリ・テイスティング。赤ワインで1位になったスタッグス・リープ・ワイン・セラーズ、白ワインで1位になったシャトー・モンテリーナのワインを試飲します。

第3回:誰もが尊敬する本格派「リッジ・ヴィンヤーズ」
パリ・テイスティングに参加したワイナリーの中で赤ワインで唯一ナパにないのがリッジ。パリ・テイスティングから30年後の回顧テイスティングでは見事1位になっています。また、リッジは100年を超えるような古木のジンファンデルのワインでもパイオニアです。今回はデカンター誌で100点を取った2013年のモンテベッロや10年熟成のモンテベッロも試飲予定です。

第4回:カリフォルニアのロマネ・コンティ「カレラ」
カリフォルニアで最高のピノ・ノワールを作ることだけを考えて設立されたのが「カレラ」です。ピノ・ノワールの単一畑を中心にエステートのワインを試飲します。

第5回:カリフォルニアの高級シャルドネとピノ・ノワールの代名詞的存在「キスラー」
カリフォルニアワインのファンだけでなく、ブルゴーニュワインのファンにも人気が高いキスラー。今回は10年熟成のシャルドネとピノ・ノワールやオキシデンタルのピノ・ノワールも試飲する予定です。

第6回:ピノ・ノワールとシャルドネでパーカー100点「ピーター・マイケル」
カリフォルニアのピノ・ノワールで初めて「パーカー100点」を取ったのがピーター・マイケルです。さらにシャルドネでも100点、カベルネ・ソーヴィニヨンでは最高99点と作るワインすべてが高評価なワイナリーです。試飲するワインはどれもRP94点以上の予定です。
PAGE TOP