青山 SP
 

各回募集講座/イベント

【CVRVVヴィーニョ・ヴェルデ協会公認特別セミナー】ヴィーニョ・ヴェルデの多様性を知る

受講期間 全1回修了
登録料 なし
受講料 会員 2,700税込  一般[非会員] 2,700税込
お支払い方法 クレジットカード
振替制度 なし
催行決定日 2018年 08月 14日 (火)

振替制度とは?教育訓練給付制度とは?

会員とは?

一般ユーザー登録し、登録料5,400円(税込)をお支払いいただいた方です。
一般の方も登録料をお支払いいただくと、会員価格でお申し込みいただけます。
尚、一般ユーザー登録の段階では登録料は発生いたしません。

クラス詳細 ご希望のクラスを選択してください

クラス名
募集状況
8/21(火)19:00-21:00 講師:別府岳則
満席
キャンセル待ち

講座の説明

「緑のワイン」と聞いて何を想像されますか?ワインの勉強している皆さまは、すぐさま「ヴィーニョ・ヴェルデ」を思い出されるでしょう。文字通り、ポルトガル語でヴィーニョ・ヴェルデは「緑のワイン」。また、ヴェルデは「若々しい、早熟な」という意味でも使われるので、ヴィーニョ・ヴェルデは、若摘みされたブドウから造られるフレッシュなワインなのです。しかしながら、全てのフレッシュなワインがヴィーニョ・ヴェルデを名乗れるわけではなく、ポルトガル北部の指定産地でつくられるもののみが名乗ることを許されています。このヴィーニョ・ヴェルデの産地は、ポルトガルで最も古い歴史をもつ産地でもあります。さまざまな固有品種が栽培され、一般的なヴィーニョ・ヴェルデのイメージのである「白・微発泡」に限らずロゼや赤、辛口や甘口などスタイルはさまざま。ヴィーニョ・ヴェルデを語る上で「多様性」は外せないキーワードなのです。
今回は、アカデミー・デュ・ヴァン青山校で「ポルトガルワイン講座」を担当する別府岳則先生が、「フレッシュ&微発泡」だけではない、ヴィーニョ・ヴェルデの本当の姿を伝えるべく、さまざまな観点からその魅力について語ります。ワインは、日本未入荷ワインを含む7種類をご用意します。ぜひ、新たなヴィーニョ・ヴェルデの魅力を発見してください。


 ~メイン・トピック~
 ・長い歴史とその変遷
 ・ヴィーニョ・ヴェルデの主要ブドウ品種
 ・ヴィーニョ・ヴェルデにおける気候と地質の違い
 ・近年のヴィーニョ・ヴェルデの進化について

■ヴィーニョ・ヴェルデ協会について: CVRVV(The Comissão de Viticultura da Região Vinhos Verdes)は、1926年に設立されたヴィーニョ・ヴェルデ地域のヴィティカルチャー(ブドウ栽培)コミッション(協会)です。CVRVVはヴィーニョ・ヴェルデDO及びミーニョGI指定の全製品の生産、販売そして認証の監督をする団体です。

備考

■ キャンセルについて:お申し込みをキャンセルする場合は、8月14日(火)19:00までにご連絡ください。上記以降のご連絡は全額をお支払いいただきます。

PAGE TOP